68HC11アセンブラ・シミュレータ

MC68HC11用のアセンブラ、シミュレータ、ソースジェネレータ 実機がなくても実行できる


ソフト詳細説明

MC68HC11を入手しましたが、開発環境がなかったのでアセンブラ、シミュレータ、ソースジェネレータを作成しました。
MC68HC11は、RAMやI/Oが4096バイト単位で任意のアドレスに割り当てられるので、シミュレータでもそのようにしています。シリアルインターフェイスで入出力するようにプログラムしたものは、シミュレータのみで実行が確認できます。

ソフト的に見て、68HC11は、インデクスレジスタYがXレジスタと対等に扱えるようになりましたが、その他にも、除算命令(IDIV,FDIV)やビット操作命令
(BCLR,BSET)やビット判定分岐命令(BRCLR,BRSET)などが追加されています。
使い方次第では、プログラムの効率向上になると思います。

ソースジェネレータは、コード部とデータ部を自動的に分離します。(テーブルによる分岐JMP 0,Xなどがある場合は、分岐先が不明になるので分岐先をオプションで指定してやる必要があります)

利用条件・試用期間中の制限など

機能制限などはありませんが、通常モード(EXPAND MODE)で実行するために内部ROMを禁止するためのソフトを送付します。シミュレータの使用では特に必要ありません。

動作環境

68HC11アセンブラ・シミュレータの対応動作環境
ソフト名:68HC11アセンブラ・シミュレータ
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:シェアウェア
作者: 福田 重夫 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

シェアレジでのお支払い

クレジットカード
68HC11アセンブラ・シミュレータ
価格: 1,210円(手数料・税込) お支払い手続きへ進む

その他のお支払い

銀行振り込みあり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

シミュレータ  ジェネレータ  MC  実機  HC  アセンブラ 


「アセンブラ・逆アセンブラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. DISASM MS-DOS版 1チップCPU用 逆アセンブラ(41,48,51,80,Z80,6301,6805,740)(ユーザー評価:0)
  2. XASM 8ビットCPU用の絶対番地クロスアセンブラ(ユーザー評価:0)
  3. SDASM MS-DOS上のEXEファイル あるいはCOMファイルに対する逆アセンブラ(ユーザー評価:0)
  4. 6800セルフ逆アセンブラ S19ファイルを読み込んで逆アセンブルします(6800シミュレータ必要)(ユーザー評価:4.5)
  5. DIAS i8086-Pentium 逆アセンブラ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック