Automatic Option Controller

コンパイラオプションの自動設定


ソフト詳細説明

Cやアセンブラのソースファイルの中に注釈として、オプションやライブラリー名を書いておくことによって、コンパイル時に自動的にオプションやライブラリー名が設定されます。
あと、副機能としてエラーコードのファイルへの取り込み、コンパイル終了時に余計なファイル(OBJファイルなど)を自動的に消去、メッセージの出力などがあります。

動作環境

Automatic Option Controllerの対応動作環境
ソフト名:Automatic Option Controller
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Yuh 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

オプション  コンパイラ 


「ツール」カテゴリーの人気ランキング

  1. CC98 コンパイラ コンパイラ(サイエンス社)のC++版(ユーザー評価:0)
  2. NGA-TOOLS C言語でプログラミングする方のためのちょっとしたツール群 PAD図出力あり(ユーザー評価:0)
  3. Automatic Option Controller コンパイラオプションの自動設定(ユーザー評価:0)
  4. laptime コマンドを子command.com上で実行し、コマンド実行時間の推測値を出力(ユーザー評価:0)
  5. OBJH BCC/TASM等のobjの埋め込み情報をMS-C/MASMのobjに埋め込む 実行ファイル(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック