xasm6800

XASM用データファイル MC6800アセンブラ対応


ソフト詳細説明

 モトローラ系のアセンブラはシンタックスチェックが厳しいが、XASMのようなテーブルドリブン型は、チェックが甘くなりがちなので、変換のみと思ったほうがよい。反面、新しいCPUを使うときに、アセンブラが無くても簡単に対応できる利点がある。

 --- 記述方法 ---
 インテル系のように、ラベルの後に:をつけ、コメントを;で始める16進表記も、0XXhのように表す。その命令のアドレスを示す「*」はない
 シングルオペランドの命令には直接アドレシングはないが、>をつけても拡張アドレシングとなる。
 ニモニックは標準のものであるが、ニモニックのすぐ後に付く、AまたはBとの間に空白を入れない。ただし、オペランドがAまたはBのみの時は、あけても良い。

動作環境

xasm6800の対応動作環境
ソフト名:xasm6800
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 福田 重夫 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

MC  アセンブラ  XASM 


「アセンブラ・逆アセンブラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. DIAS i8086-Pentium 逆アセンブラ(ユーザー評価:0)
  2. DISASM MS-DOS汎用 逆アセンブルユーティリティ(ユーザー評価:0)
  3. SDASM MS-DOS上のEXEファイル あるいはCOMファイルに対する逆アセンブラ(ユーザー評価:0)
  4. 簡易グラフ 簡易グラフ GR (ユーザー評価:0)
  5. DIS486 intel 8086 - 80486逆アセンブラ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック