gcl ソース

GNU 版 KCL (Kyoto Common LISP) ソース


ソフト詳細説明

The GCL system contains C and lisp source files to build a common lisp
sytem. The original KCL system was written by Taiichi Yuasa and
Masami Hagiya in 1984. The AKCL system work was begun in 1987 by
William Schelter and continued through 1994. A number of people
have contributed ports and pieces. The file doc/contributors lists
some of these. In 1994 AKCL was released as GCL (GNU Common Lisp) the
GNU public library license. Version akcl-1-624 was the last version
made under the old license and using the old file change mechanism.
This readme only applies to versions gcl.1.0 and later. The GNU library
license does allow redistribution of executables containing GCL as
well as users proprietary code, but such redistribution must be
accompanied by sufficient material (eg .o files) to allow recipients
to rebuild an executable, after possibly modifying GCL. See the GNU
file COPYING.LIB-2.0 for a full description of your right to copy this
software.

動作環境

gcl ソースの対応動作環境
ソフト名:gcl ソース
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:GPL
作者: Free Software Foundation  William Schelter  淺山 和典 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

om  LISP  GNU  Kyoto  KCL 


「lisp言語」カテゴリーの人気ランキング

  1. gcl ソース GNU 版 KCL (Kyoto Common LISP) ソース(ユーザー評価:0)
  2. λογοσ GO32上で動作するリスプのインタプリタおよびコンパイラ(ユーザー評価:0)
  3. AM-Scheme R^4RS対応 Scheme インタープリタ(ユーザー評価:0)
  4. gcl GNU 版 KCL (Kyoto Common LISP) の GO32 版実行形式(ユーザー評価:0)
  5. JACAL Scheme インタプリタ上で動作する数式処理システム(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック