masm.h

optasm用に書かれたプログラムをmasmでアセンブルするためのマクロファイル


ソフト詳細説明

 これは、optasm用に書かれたプログラムをmasm (Ver. 5.10)でアセンブルするためのマクロ
ファイルです。optasm用のソースファイルの先頭で、
include masm.h
を行えば、masmでアセンブル可能になります。但し、このマクロでは、前方参照の条件付き
jumpは、全て、near jumpに変更しているため、optasmでアセンブルよりも、プログラムサイズ
が増大することになります。また、この結果、jmp short labelというという書式が
使われていると、jump範囲を超過してエラーが発生することがあります。その時は、エラー
の発生した行のshort演算子を削除して下さい。

動作環境

masm.hの対応動作環境
ソフト名:masm.h
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 石塚 匡哉 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

マクロ  アセンブル  masm  optasm 


「アセンブラ・逆アセンブラ」カテゴリーの人気ランキング

  1. DISASM MS-DOS汎用 逆アセンブルユーティリティ(ユーザー評価:0)
  2. XASM 8ビットCPU用の絶対番地クロスアセンブラ(ユーザー評価:0)
  3. SDASM MS-DOS上のEXEファイル あるいはCOMファイルに対する逆アセンブラ(ユーザー評価:0)
  4. DIAS i8086-Pentium 逆アセンブラ(ユーザー評価:0)
  5. DISASM MS-DOS版 1チップCPU用 逆アセンブラ(41,48,51,80,Z80,6301,6805,740)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック