RS-232C ファイル転送

RS-232C ファイル転送 ユーティリティ


ソフト詳細説明

19200bps専用のファイル転送ユーティリティです。
私自身19200bpsで通信しようとして、MS−DOSの標準添付の
”TERM”コマンドを使おうと思ったのですが、転送スピードが最高
9600bps(今はできるカナ?)だったのでこのようなソフトを製作しました。
(電子手帳でICカードによっては19200bpsのものがあります。)
FM−77と通信する場合、FMRで一方的に送信した場合、FM−77の方が
すぐに通信バッファがいっぱいになりエラーになってしまうのでACKで
やりとりしながら一文字ずつ送るモードを付加しました。

特徴
・パラメータにより簡単にファイル名等、直接コマンドラインで設定できます。
・内容を表示しながら送信することができます。
・オプションで一文字ずつ確実に送るモードを付加しました。
・終了時に「ERRORLEVEL」を調べることにより現在のモードが判断できます。

詳しくは本ソフトウェアのドキュメントファイルを御覧下さい

動作環境

RS-232C ファイル転送の対応動作環境
ソフト名:RS-232C ファイル転送
動作OS:MS-DOS
機種:FM
種類:フリーソフト
作者: 生信 正三 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ユーティリティ  転送  RS 


「ファイル転送」カテゴリーの人気ランキング

  1. RS-232C Link for MS-DOS WindowsとMS-DOS(PC-9801)をRS-232Cでリンクする(ユーザー評価:0)
  2. まいと RS-232Cで高速ファイル転送(ユーザー評価:0)
  3. pftpd DOS用のftpdもどき(ユーザー評価:0)
  4. DISKLINK リモートマシンに接続しているドライブをホストマシンのドライブとして使用(ユーザー評価:0)
  5. FPLINK PC-AT←→FMR←→PC98間用 中速ファイル電送(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック