BPL for FM

CompuServe B Plus Protocol for FM


ソフト詳細説明

使い方
bpl [-オプション] [ファイル名]

お手持ちの通信ソフトから、「MSDOS コマンドの実行」「子プロセスの実行」
などの機能を用いて実行してください。

オプション、ファイル名は、それぞれ省略することができます。最も簡単に実
行するには、何もオプションを付けずに bpl と実行してください。ファイル名・
アップロード/ダウンロードなどの区別は、相手から送られてきた情報に基づい
て自動的に判断します。

 オプションは、環境変数BPLで指定することもできます。autoexec.bat等に次の
例のような行を追加してください。この例は、システムログを作成し、ポートを
1に指定する場合です。

set BPL=-log -p1

ファイル名を指定すると、相手から受け取った情報は無視して、指定したファ
イル名を優先します。

例:testdata.x というファイルをダウンロードしたい場合、

bpl testdata.x というファイルが自動的にできる
bpl temp.x temp.x という名前のファイルでセーブする

1回の送信あるいは受信が終われば通信ソフトにもどります。この直前にベ
ルがなります。

 強制終了したい場合は、スペースを何度か押してみてください。

動作環境

BPL for FMの対応動作環境
ソフト名:BPL for FM
動作OS:MS-DOS
機種:FM
種類:フリーソフト
作者: Phinloda 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

Plus  Protocol  CompuServe 


「ファイル転送」カテゴリーの人気ランキング

  1. GSZ ZMODEM-90(ユーザー評価:0)
  2. rz/sz X/Y/ZMODEM 転送プロトコル ソース(ユーザー評価:0)
  3. ZCOMM ZMODEM-90を備えた通信ソフト(ユーザー評価:0)
  4. MPNBBS用ZMODEMプロトコル MPNBBS用 ZMODEM追加モジュールソース(ユーザー評価:0)
  5. Zmodem for MPNBBSmode MPNBBS用Zmodem組み込みファイル(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック