TransIt 2 for MCD

MCDで利用できるデバイスでTransIt転送


ソフト詳細説明

 ASCIIから提供されたサンプル・ソースと、MCD利用のサンプルソースを利用して
MCDで利用できるデバイスでTransIt転送するためのプログラムです。

MCDのハンドリングには、V0.8で追加された "Direct C Call"のみを用いています
ので、それ以前のMCDでは動作しません。

実際にはmachine.cの他は main.c recv.c send.cのほんの一部のを変更したくらい
です。オリジナルは必要部分以外は変更しませんでしたので、Borland C++ 3.1等
でリコンパイルするとWarningはでます。

動作環境

TransIt 2 for MCDの対応動作環境
ソフト名:TransIt 2 for MCD
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: (株)アスキー  Ajax 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

転送  MCD  TransIt 


「ファイル転送」カテゴリーの人気ランキング

  1. TransIt 2 for MCD MCDで利用できるデバイスでTransIt転送(ユーザー評価:0)
  2. BPL for DOS/V, J3100 CompuServe B Plus Protocol for DOS/V, J3100(ユーザー評価:0)
  3. MPNBBS用ZMODEMプロトコル MPNBBS用 ZMODEM追加モジュールソース(ユーザー評価:0)
  4. Zmodem for MPNBBSmode MPNBBS用Zmodem組み込みファイル(ユーザー評価:0)
  5. BPL for B16/B32 CompuServe B Plus Protocol for B16/B32(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
SELECTION