血液検査と悪性疾患腫瘍マーカーの陽性率

患者側の立場からの複眼的考察


ソフト詳細説明

 今回は成人と高齢者の主な血液検査の正常値比較と悪性疾患で期待される腫瘍マーカーの陽性率を検索して患者側の立場からの複眼的考察のできるものを作成しました。前回の「肝機能低下の自己診察」は単眼的まとめをしていたのを気にしながらMS-DOSのメニューから3つのプログラムを呼び出すものにしました。実は一つのプログラムにまとめたのですが,コンパイルにメモリーの不足でうまくまとまらなかったのです。格安マシンの改造でなんとかインターネットで海外にいる孫達とメールのやりとりはできても,プログラミングのツールは,ひと昔前のArity PROLOGを使っている始末です。でも,VBはプロフェッショナルを使っています。今月も採血とX線検査があります。

動作環境

血液検査と悪性疾患腫瘍マーカーの陽性率の対応動作環境
ソフト名:血液検査と悪性疾患腫瘍マーカーの陽性率
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

考察  立場  複眼 


「PROLOG」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査と悪性疾患腫瘍マーカーの陽性率 患者側の立場からの複眼的考察(ユーザー評価:0)
  2. いびきの診断と治療 PROLOG60 いびきの診断と治療(ユーザー評価:0)
  3. 心電図の基礎学習 PROLOG91 心電図の基礎学習 (ZEUS同梱)(ユーザー評価:0)
  4. 高血圧剤の投薬アドバイザー 高血圧剤の医療問題をエキスパート・システムのフレーム構造で試作(ユーザー評価:0)
  5. 人間ドック検査値の読み方(6) PROLOG39 人間ドック検査値の読み方(6) 糖尿病問診など(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック