G7sV

RS232C コミュニケーションデバッグツール


ソフト詳細説明

 RS232Cで通信をするソフトをデバッグするときに、ダミーの相手局として使用します。入力されたものを送信し、受信したものを表示するだけですが、通信プロトコルやバイナリ変換などを外部拡張モジュールを自作することにより、自動化することができます。

動作環境

G7sVの対応動作環境
ソフト名:G7sV
動作OS:Windows 98/95 MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 杉浦 康之 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

デバッグ  コミュニケーション  RS232C 


「通信関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. EXTCLK 新Xa以降の98(NEC)のシリアルコントローラーを拡張モードに設定(ユーザー評価:0)
  2. G7sV RS232C コミュニケーションデバッグツール(ユーザー評価:0)
  3. DTE速度設定プログラム 115200bpsというDTE速度をMS-DOSで実現(ユーザー評価:0)
  4. RS-232C簡易ラインモニタ RS-232C 簡易ラインモニタ(ユーザー評価:0)
  5. CHKMZ システムクロック周波数を調べる(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック