PC386NOTE-A内蔵モデム電源制御

エプソンPC-386 NOTE-A 内蔵モデムの電源制御


ソフト詳細説明

【使用法】
MODEM 1 --> 内蔵モデムに切り替えて電源を入れる。
MODEM 0 --> 内蔵モデムの電源を切ると同時に外部RS232Cに切り替える。

このプログラムで行なえることは,キーボード上で「Ctrl+Grph+S」および「Ctrl+
Grph+M」で切り替えられることと同じです。

動作環境

PC386NOTE-A内蔵モデム電源制御の対応動作環境
ソフト名:PC386NOTE-A内蔵モデム電源制御
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: eyes 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

NOTE  エプソン  モデム 


「通信関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. MODEMくん モデムコマンド作成ツール(ユーザー評価:0)
  2. EXTCLK 新Xa以降の98(NEC)のシリアルコントローラーを拡張モードに設定(ユーザー評価:0)
  3. G7sV RS232C コミュニケーションデバッグツール(ユーザー評価:0)
  4. DTE速度設定プログラム 115200bpsというDTE速度をMS-DOSで実現(ユーザー評価:0)
  5. RS-232C簡易ラインモニタ RS-232C 簡易ラインモニタ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック