256BX4

BX4/Xe10/etc. IDE-BIOS をつぶ/移動しても256色が使いたい for VEM486


ソフト詳細説明

BX4で256色拡張グラフィックを使おう

※このプログラムの適用機種は、
1995年5月以降に発売された
デスクトップ型PC−98x1シリーズの各機種です。

○はじめに

すでに有名な話ですが、PC−9801BX4は、ほぼPC−9821Xe10と同じマシンであり、9821の256色グラフィックが搭載されています。

しかし環境によってはこれが上手く機能しない場合があります。

・セグメント D900 をUMBから外す
・HSBを使用しない

以上の条件を満たせば機能するらしいです。

○なにをするのかな?

やっぱりD900もUMBにしたいよぉ、というひとのために、
VEM486の力を借りて何とかすることにしました。
BIOSにはパッチを当てません。

UMBをのっぺりと D000-DFFF まで確保してもきっと大丈夫でしょう。

なお、IDEBIOSが必要な人は
BIOS移動を使っても大丈夫なはずです。

動作環境

256BX4の対応動作環境
ソフト名:256BX4
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: Mzaki 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

IDE  VEM  Xe  つぶ  BIOS  BX 


「メモリ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. VEM486 Virtual XMS/EMS/VCPI Memory Server(ユーザー評価:4.5)
  2. GCMEM グラフィック文字とテキスト文字によるリアル/プロテクト/EMS/VCPI/XMSメモリ容量表示(ユーザー評価:0)
  3. ClearMCB MCBチェーンの亀裂をきれいに整理する、常駐プログラム(ユーザー評価:0)
  4. ESWITCH expand(?)switch(ユーザー評価:0)
  5. UPUP 常駐プログラムをUMBにあげるLoader(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック