VMM386.EXE パッチ

VMM386.EXEを書き換えてF5〜FF領域を使用可能に


ソフト詳細説明

このパッチは、メモリサーバーIIで、EMSページフレームやUMB
として指定できなくなったF5〜FFのメモリブロックを、VMM386.EXE
内のテーブルを直接書き換えることによって指定可能にする物です。

上の説明を読んで、一体どういうメリット・デメリットがあるのか判らない
方は、この領域を使わない方が無難です。

動作環境

VMM386.EXE パッチの対応動作環境
ソフト名:VMM386.EXE パッチ
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 福田 達也 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

領域  EXE  VMM  FF 


「メモリ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. VEM486 Virtual XMS/EMS/VCPI Memory Server(ユーザー評価:4.5)
  2. GCMEM グラフィック文字とテキスト文字によるリアル/プロテクト/EMS/VCPI/XMSメモリ容量表示(ユーザー評価:0)
  3. 256BX4 BX4/Xe10/etc. IDE-BIOS をつぶ/移動しても256色が使いたい for VEM486(ユーザー評価:0)
  4. MED 常駐し好きなときにメモリを書き換える(ソース付き)(ユーザー評価:0)
  5. MEDIT ゲーム中にメモリ内容を直接書き換えるツール(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック