RSE

swap.com を自動的に起動するTSR


ソフト詳細説明

このプログラムは,swap.com を自動的に起動させる常駐プログラムです.親プロ
セスが子プロセスを起動するときに,swap 使うかどうかを,親プロセス−子プロ
セスの関係を与えることで指定することができます.つまり,この親からこの子
供を起動するときには swap のお世話になる,といったことを指定できるわけで
す.swap とは....有名ですよね.説明は省略します.

動作環境

RSEの対応動作環境
ソフト名:RSE
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 中村 泰久 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  自動的  TSR  swap 


「メモリ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. VEM486 Virtual XMS/EMS/VCPI Memory Server(ユーザー評価:4.5)
  2. lhon/lhoff DOS5,DOS6でcommand.comをUMBにロードする超小型(20bytes×2)ユーティリティー(ユーザー評価:3.5)
  3. XFLUT ファイルズバッファ HMA/UMB 拡張ユーティリティー(ユーザー評価:4.5)
  4. ESWITCH expand(?)switch(ユーザー評価:0)
  5. GCMEM グラフィック文字とテキスト文字によるリアル/プロテクト/EMS/VCPI/XMSメモリ容量表示(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック