CD-SD STD

CD-ROM用 デバイスドライバー ソースコード


ソフト詳細説明

MS-DOSでCD-ROMドライブを使用するにはマイクロソフトCD-ROMエクステンション(MSCDEX.EXE)および、CD-ROMドライバーが必要です。

CD-ROMの場合、ファイル構造がMS-DOSのものとは大きく異なりますので、MS-DOSのカーネル(MSDOS.SYS)にネットワーク・リダイレクタというファイルに関する拡張を行います。これを行うのがMSCDEX.EXEの役割です。
MSCDEX.EXEはMS-DOS汎用プログラムですので機種依存がありません。ただし、ネットワーク・リダイレクタ・インターフェイスの必要ですのでサポートが行われたMS-DOS V3.1以降のバージョンでのみ動作します。

CD-ROMのファイル構造は何種類かあるのですが、このMSCDEX.EXEが読み取れるフォーマットはISO-9660規格のもの、およびそのベースになったハイシェアラ・フォーマットです。
また、ファイル構造とは別に最近のCD-ROMの場合物理フォーマットが数種類あります。

さて、MSCDEX.EXEが実際にデータを読みこむには、その下位プログラムであるデバイス・ドライバーが実際のデータの読み出しを行います。
その為、デバイス・ドライバーは実際のCD-ROMドライブの制御手順に添った形で作成されますのですが、このモード2のサポートなどはドライブの機能によって実現します。

このフロッピー・ディスクに収められているものは、このMSCDEX.EXEおよびSCSIインターフェイス用のCD-ROMドライバーです。

動作環境

CD-SD STDの対応動作環境
ソフト名:CD-SD STD
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:その他
作者: 宇野沢 成夫 

ユーザーの評価(1人):4.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ドライバー  ソースコード  CD  ROM 


「SCSI関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. CD-SD STD CD-ROM用 デバイスドライバー ソースコード(ユーザー評価:4.5)
  2. CD-SD Mini 機能限定版のCD-ROMデバイス・ドライバー(ユーザー評価:3.5)
  3. SCSI Device Controller "SCCTL" SCSIデバイスに対する種々の操作、SCSIディスクに対するベンチマーク等(ユーザー評価:0)
  4. ATAPI-ASPI変換プログラム(DOS/V、PC-9821) ATAPIインターフェース機器をSCSIドライバでコントロールする(ユーザー評価:4.5)
  5. SCSIドライブ情報 PC-98シリーズに接続されるSCSIドライブの情報を取得(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック