帯域阻止フィルタ計算(L,C)

アナログフィルタの計算


ソフト詳細説明

アナログフィルタの計算プログラムです。
以前に、LPFの計算プログラム(LPF.EXE)をupしましたが、今回は帯域阻止
フィルタ(俗にトラップというます)を直列型、並列型について計算するものです。
周波数はMHz帯を想定しています。(単に作者の都合でーす。)

取り扱うトラップは単にL,Cの2素子構成ですので、手元に電卓等があれば
foは1/(2*pai*root(L*C))で簡単に計算できます。

では、このプログラムの存在価値ですが、こんな時に役立ちます。

1:トラップの帯域をもっと狭くしたい(or 広く)
2:使用する回路のインピーダンスに合わせたトラップを設計したい。
3:直列構成のトラップを並列にしたい。


*使用上の注意*

この計算は、浮遊容量等のない理想の部品を用いた場合で、実際の回路では、
例えばコイルの浮遊容量やコンデンサの自己共振によって結果は若干異なります。
よって、とりあえずトラップを設計したいときに利用して、多少のトリミングが必要です。

入力値のエラートラップは作成していません。(怠慢です ^_^; )

動作環境

帯域阻止フィルタ計算(L,C)の対応動作環境
ソフト名:帯域阻止フィルタ計算(L,C)
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 河村 伸之 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

フィルタ  アナログ 


「技術・工学」カテゴリーの人気ランキング

  1. スプライン曲線描画 スプライン補間によって、節点を結ぶ曲線を描く(ユーザー評価:0)
  2. FFT FFT(高速フーリエ変換)により,入力または,更正用の波形を変換して周波数スペクトルを表示(ユーザー評価:0)
  3. ASCII & Binary to MotororaS ASCII HEX & バイナリーファイルをMotorora Sフォ−マットに変換(ユーザー評価:0)
  4. EPROM Writer 27C128,27C256,27C512用 EPROMライター(ユーザー評価:0)
  5. Unit Converter 単位換算機 単位を換算する 入力と同時に結果が表示される(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック