TBLデータ初期整列状態変更CMD

いろんなデータ処理を繰り返した後で、データの並びがぐちゃぐちゃになってしまうことへの対策ソフト


ソフト詳細説明

この一括処理は、いろんなデータ処理を繰り返した後で、データの並びがぐちゃぐちゃになってしまうことへの対策です。

ただし、本来はデータベースではこの「ぐちゃぐちゃ」は極めて当然のことで、入力順序は処理順序や表示順序とは無関係に任意に行われるべきなのです。
そして、全データにルールに基づいた「索引」を定義してやることで、現実にユーザーの前にお目見えするデータ(表示時・データ処理時)は任意の定義順で整列しているというのが、極めて正しいデータベースの作法なのです。

とは言っても、気持ち悪いものは気持ち悪い。 (^^;;
また、「未整列」状態の時に既に一定の整列状態と同じに状態なっていれば(つまり、一定のルールに基づいて、順序良く全データを入力した状態です)、会話処理の時に妙なカン違いも減るかもしれない。 (^^?

これは元々 Ogo が仕事で使っているものを、桐8でも動作することを確認して公開するものです。
こんなしょぼいものをどうして公開する気になったかと言うと、幅田さんの掲示板で、「一括処理で並べ替え条件を選択したい」なんて事を議論していたからです。
「そんなの、大分前からやってたけどなぁ〜」と私は思ったわけです。

何かのお役に立てば幸いです。

動作環境

TBLデータ初期整列状態変更CMDの対応動作環境
ソフト名:TBLデータ初期整列状態変更CMD
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト(寄付歓迎)
作者: Ogo 

お支払い

このソフトは無料でお使いいただけますが、寄付を募っております。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

並び  ぐちゃぐちゃ 


「桐用」カテゴリーの人気ランキング

  1. 桐の表からCSVファイルへの変換 指定した桐の表をCSV形式に変換する桐の一括処理プログラム(ユーザー評価:0)
  2. TBLデータ初期整列状態変更CMD いろんなデータ処理を繰り返した後で、データの並びがぐちゃぐちゃになってしまうことへの対策ソフト(ユーザー評価:0)
  3. sch.cmd 桐V5を使用した教室予約システム 会議室予約にも可 LAN対応(ユーザー評価:0)
  4. CMD不要変数チェックCMD 桐V5 一括処理サンプル 現実には一度も使われないままで朽ち果ててしまっている不要な変数をチェック(ユーザー評価:0)
  5. TBLデータ非破壊チェックCMD 桐V5 一括処理 1ドライブ(パーティション)に存在する桐5 *.TBLファイルを根こそぎ非破壊チェック(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック