DBF2SDF

dBaseのデータ−ベースファイル(DBF)を、CRT標準出力にSDF形式で出力するDOSコマンド


ソフト詳細説明

■概要
1994年にdBaseのデータ−ベースファイル(DBF)のメンテナンス用に開発しました。
Windowsの時代ですが、dBFファイルは単純ですが壊れやすく、壊れているとExcelでも読み出せません。現在でも重宝して使っています。
このdbf2sdfを使いsdfテキストファイルに落し他のデータベースに入力します。

欠点は、DOSコマンドの為、83ファイルnameの必要がある。

■インストール
解凍し、windows\command など、PATHの通ったフォルダーに入れる

■使い方
このDOSコマンドは、CRT標準出力に出力しますので、リダイレクトして下さい。

例: dbf2sdf xxxxx.dbf > xxxxx.sdf
入力ファイル 出力ファイル

入力ファイルを指定しないで起動した場合は、Errorメッセージとともに、簡単なヘルプとして、オプション・パラメータを表示します。

dBFファイルが壊れている場合、DOSのErrorLevelを返します。
(Sample.batを参照して下さい)
ErrorLevel1 : fileのTimeStampと内部のTimeStampが違う
ErrorLevel2 : 実際のレコード数とdBF Headerのレコード数が違う
ErrorLevel3 : レコードブロックが壊れている
(だいたい漢字の第2バイトが喪失しているので、第1バイトを無視すればよい -c オプションを指定する)
ErrorLevel4 : DOS的にファイルが読めない Nortonを使用する

■他dbfユーティリティ(フリーウェア)も、ご利用下さい
DBF2CSV CSV形式で出力する
DISP_DBF dBF Header情報を表示する

動作環境

DBF2SDFの対応動作環境
ソフト名:DBF2SDF
動作OS:Windows NT/98/95/3.1 MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 河合 英明 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンド  DBF  SDF  dBase  CRT 


「dBASE用」カテゴリーの人気ランキング

  1. DBF Edit dBASEIIIなどで作成したデータベースファイル(.DBF)の編集(ユーザー評価:0)
  2. DBF2CSV dBaseのデータ−ベースファイル(DBF)を、CRT標準出力にcsv形式で出力するDOSコマンド(ユーザー評価:0)
  3. DBF2SDF dBaseのデータ−ベースファイル(DBF)を、CRT標準出力にSDF形式で出力するDOSコマンド(ユーザー評価:0)
  4. DISP_DBF dBase(DBF)のheader情報を、CRT標準出力に出力するDOSコマンド(ユーザー評価:0)
  5. TEL dBASEIV 2.0J上で動く住所と電話番号を管理するデータベース(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック