TPIC用ドライバ

GP TPIC用ドライバ


ソフト詳細説明

 GPの出力を LaTeX の tpic specials に変換するフィルタです。
tpic とは、LaTeX 中に図面を描くために拡張されたコマンド体系で、
TeX をプレビュー、プリントアウトするソフトが対応していれば利用で
きます。MS-DOS 用によく使われる dviout/prt なら、ver.2.39 以降を
使って下さい。(それ以前の version ではダメです。' 回る tpic' の
拡張に対応しているドライバが必要。文字の回転を使わないのならば、
単にtpicに対応しているだけで構いません。)

 ・GPが対応していないプリンタにも出力できる。
 ・プリンタの持つ最高の性能で印字できる。
 ・文字の回転(任意角)も対応。

 ラインプリンタ (熱転写やドットインパクト、インクジェット方式な
ど) でGPを利用していて、印字が汚いことをあきらめていた方。LaTeX
の文書にGPの図面を組み込みたい方。GhostScript での出力に時間が
かかりすぎると思う方。どうぞお試し下さい。

 いまだ LaTeX なんて、使ったこともない、という方はぜひ一度 TeX
に触れてみられるといいと思います。「使えねぇ」と思っていたプリン
タが生き返るかも知れません。

動作環境

TPIC用ドライバの対応動作環境
ソフト名:TPIC用ドライバ
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 桟 卓哉 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ドライバ  TPIC  GP 


「GammaPlot」カテゴリーの人気ランキング

  1. GP for IBM PC/AT 2次元グラフプロットツール(ユーザー評価:0)
  2. GP マニュアル 2次元グラフプロットツール(ユーザー評価:0)
  3. GP→TeX interface TeX interface GPで描いたグラフをTeX の文書に組み込む(ユーザー評価:0)
  4. GP用デバイスドライバ PS 2次元グラフプロットツールGP用 デバイスドライバ(ユーザー評価:0)
  5. GPサンプル集 2次元グラフプロットツール GP サンプル(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック