GP→TeX interface

TeX interface GPで描いたグラフをTeX の文書に組み込む


ソフト詳細説明

 このドキュメントでは, GPで描いたグラフをTeXまたはLaTeXの文書へ組み込んで印刷する方法について簡単に説明します.
 GPに標準で添付されるデバイスドライバのうち, TeXへの組み込み機能をサポートするものは, LIPS3用のドライバ(LIPS3.GPD)と, PostScript用のドライバ(PS.GPD, EPS.GPD), およびWindowsメタファイル用ドライバ(WMF.GPD)の3種類です. (IBM PC/AT 用の場合は, デバイスドライバの拡張子が.GPDではなく, .DLLになります. 以下同様. )
 また, 桟卓也氏が作成されたTPIC用ドライバ(TPIC.GPD)を用いることにより,TPIC special命令をサポートしたTeX用デバイスドライバ(DVIOUT/PRT等)を通して, 一般のドットプリンタでも利用することができます.

動作環境

GP→TeX interfaceの対応動作環境
ソフト名:GP→TeX interface
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 枝松 圭一 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

文書  interface  TeX  GP  グラフ 


「GammaPlot」カテゴリーの人気ランキング

  1. GP用デバイスドライバ HP-GL GP,CORE2D 用デバイスドライバ for HP-GL plotters (7475A/compatible)(ユーザー評価:0)
  2. GP用デバイスドライバ LIPS3 GP,CORE2D 用デバイスドライバ for Canon LIPS3 printers(ユーザー評価:0)
  3. GP for IBM PC/AT 2次元グラフプロットツール(ユーザー評価:0)
  4. GP for PC-9801 2次元グラフプロットツール(ユーザー評価:0)
  5. GP マニュアル 2次元グラフプロットツール(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック