DLS

list contents of dBASE-III record


ソフト詳細説明

 dls.exe は、「ちょっとあいつの住所が知りたい」とか、dBASE のプログ
ラムを書いているとき「確かこのフィールドの幅は..」など、dBASE をいち
いち起動するのは時間がかかっていやだなぁとお嘆きのあなたに、きっと役
に立つ(だろう)プログラムです。

 dls は、引数で指定したファイルを dBASE-III PLUS のデータベースファ
イル(.dbf)と同じ構造を持つファイルとみなして、ヘッダ部の情報からデー
タベース構造の出力、または指定範囲内か指定文字列を含むレコードの内容
を出力します。
 また、SDF、CSV、Delimiter、差込みファイル形式へのコンバーターとして
も利用することができます。

動作環境

DLSの対応動作環境
ソフト名:DLS
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 宇佐美 浩幸 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

III  dBASE  of  record  contents  list 


「dBASE用」カテゴリーの人気ランキング

  1. DBF2TXT DBF→TEXT/CSV ファイルコンバーター(ユーザー評価:0)
  2. DBF Edit dBASEIIIなどで作成したデータベースファイル(.DBF)の編集(ユーザー評価:0)
  3. DBF2CSV dBaseのデータ−ベースファイル(DBF)を、CRT標準出力にcsv形式で出力するDOSコマンド(ユーザー評価:0)
  4. DBF2SDF dBaseのデータ−ベースファイル(DBF)を、CRT標準出力にSDF形式で出力するDOSコマンド(ユーザー評価:0)
  5. DISP_DBF dBase(DBF)のheader情報を、CRT標準出力に出力するDOSコマンド(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック