Palette I/O Monitor for VMM386

VMM386.EXEを使用しながらパレットを読む


ソフト詳細説明

 PPM.EXE とは、その名の通り9821では読めるが従来機(PC-9801)では読む事のできなかったパレットポートを、386以上のCPUにある保護機能を使って読んでしまおうというプログラムです。しかも、VMM386.EXE とセットで使えて常駐量も小さいので、用途は色々あると思います。また、常駐パレットにも対応しましたので、PC-9821でもインストールする価値はあると思います。
 (Sam氏作MAG.EXEでの画像取り込みなどですね。)
 一番の特徴は、VMM386.EXEのある環境ならば、PPMをUMBに入れておくだけでメインメモリを広くあけたままほとんどのHDD用ゲームが動作するところです。
 一応、FDDでもVMM386.EXEが組み込めるようにすれば、このプログラムは使用可能ですが、画像セーブをするときは普通HDDでやるからあまり意味はないと思います。

動作環境

Palette I/O Monitor for VMM386の対応動作環境
ソフト名:Palette I/O Monitor for VMM386
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 宮澤 達也 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

パレット  EXE  VMM 


「パレット管理」カテゴリーの人気ランキング

  1. 引数取得FOR_EXE用マクロ 引数取得 FOR EXE 用マクロ DTAGET(ユーザー評価:0)
  2. 画像パレット高速切替ファイル版 裏表画像多数パレット高速切り替え ファイル版 PALANF(ユーザー評価:0)
  3. 救急用マクロ集FOR COM 救急用マクロ集FOR COM QQ.H(ユーザー評価:0)
  4. 救急用マクロ集FOR EXE 救急用マクロ集FOR EXE QQX.H(ユーザー評価:0)
  5. 裏表画像多数パレット高速切替 裏表画像多数パレット高速切り替え PALAN(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック