HUMAN

人間の動作を3次元のCGアニメーションを使って表現


ソフト詳細説明

本ソフトは、日向野保夫氏作の「アペックス・スリーディア」を利用した人間モデルのアニメーションソフトです。

*「アペックス・スリーディア」は、工学社「ComputerFan」1994年12月号で
*掲載された、「プログラマーが少しの負担で高度(?)な3Dのプログラム
*を作るためのさまざまな機能を提供する、常駐型「3Dシステム」です。

人間モデルは頭、胸、腰、左上腕、左前腕、左手、右上腕、右前腕、右手、左腿、左臑、左足、右腿、右臑、右足の計15パーツからなっていて、階層構造を構成しています。ここで各軸の回転量をデータとして与えることにより、仮想3次元空間で、人間モデルがさまざまな動きをアニメーションでみせてくれます。つまり、、、

  「人間の3次元立体モデルが、画面狭しと動きまわるのです!!!」

【主な機能 Ver.0.95】
○[超高速2Dポリゴン描画]
 日向野保夫氏作の「アペックス・スリーディア」の利用により、フラットシェーディングを用いた超高速ポリゴン描画が可能。
○[アニメーター機能]
 透視図または3面図上で、人間モデル、カメラ、環境の3つのアニメーションデータを元に3Dアニメーションが可能。
○[モーションエディタ機能]
 実際に目で見ながら人間モデル、カメラ、環境の動きや姿勢の操作決定が可能。さらに決定した姿勢データを一時的にセーブできる。
○[自動中割機能+緩急システム]
 同梱の計算ソフト"DIVCSV3.EXE"によりキーフレーム間の自動中割を行う。さらに中割数を指定することにより、動きに緩急をつけることが可能。
○[オプション]
 起動時にオプションを入力することで、HUMANのシステムの詳細を設定可能。
○[柔軟なデータ構造]
・アニメーションデータ
 人間、カメラ、環境はそれぞれ独立した動きのデータを持つ。CSV形式を採用しているので、表計算やデータベースソフトによる編集も可能。
・オブジェクトデータ
 人間モデルを構成するパーツおよび環境のパーツ。多数の3Dポリゴンデータ作成ツールに対応しているので、自作も可能。
・オブジェクトパラメータ
 人間モデルを構成する各パーツの形、大きさ、サイズを自由に指定可能。
・コンフィグファイル
 アニメーション再生に利用するデータを、ここで容易に指定できる。よってたくさんの場面、パターンを設定変更することが可能。

動作環境

HUMANの対応動作環境
ソフト名:HUMAN
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: みためっくす  堀ノ内 貴志  花園 武志 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

アニメーション  表現  人間  3次元  CG 


「アニメーション」カテゴリーの人気ランキング

  1. HUMAN 人間の動作を3次元のCGアニメーションを使って表現(ユーザー評価:0)
  2. PUMAN DOS版 6軸ロボットアニメーター(ユーザー評価:0)
  3. TWIMAN 人間モデルアニメーター 2(ユーザー評価:0)
  4. ANIMA 簡易パラパラアニメ描画ツール(ユーザー評価:0)
  5. Dance 98 秘密のフリーソフト(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック