W16to8

16bitのWAVEデータから8bitのWAVEデータを生成する


ソフト詳細説明

 このプログラムはMS−WINDOWSなどで使われているWAVEデータ(音声のPCMデータ)の16ビットデータから8ビットデータを生成するプログラムです。
 MS−DOSの動いているシステムなら動くと思います。
 複雑なWAVEのヘッダも間違いなくコンバートしてくれます。対象はノーマルのPCMデータです。圧縮フォーマットなどは自動判別しコンバートしません。チェックが厳しいので他のファイルでは無理矢理コンバートとしてもできません。
 ステレオにも対応。

--- こんな人は使うと便利です ---
・beep音+beep音源WAVEドライバーででWindowsを使っている
・16ビットが出せない
・ハードディスクが(あやしいWAVEでいっぱいなので)残り少ない
・しっかりコンバートしてくれるかどうか不安だ

動作環境

W16to8の対応動作環境
ソフト名:W16to8
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 杉浦 隆幸 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

WAVE  bit 


「変換」カテゴリーの人気ランキング

  1. PCM2WAV ADPCM(X68K)→WAV(Win)変換(ユーザー評価:0)
  2. WAVE2TEXT[wav2txt] .WAVの非圧縮ファイルをテキスト化(ユーザー評価:0)
  3. SND2WAV MacとWinのサウンド変換(ユーザー評価:0)
  4. PCMCONV 汎用PCMコンバーター 主要なPCMフォーマットを相互にコンバート(ユーザー評価:0)
  5. WIN-WAVファイル雑音除去 雑音除去フィルター(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック