TRMAKE

背景付きアニメーションMML自動生成ツール


ソフト詳細説明

 このツールはRay(Ver.4.1h以降)用の透明色アニメーションのMMLファイルを
自動生成するツールです。これを用いることで、背景はそのままにその上で元気に動く
アニメーションが手軽に実現可能です

 TRMAKEを使うときに用意するものは、背景画、アニメーションするキャラク
ターのコマ絵です。そして、TRMAKEにキャラクターの座標と移動開始位置、終
了位置を入力すると、Rayの透明色転送を使ったMMLファイルが生成されます。
これをM2RでRayデータに変換すれば、Rayで背景画の上でアニメーションす
るキャラクターを見ることができます。
 アニメーションするキャラクターのサイズは最大で320X200までを指定でき、
また、コマ数は画面の等分数−2までOKです。つまり、320X200なら画面4
等分なので2コマまで、160X200なら8等分なので6コマ、160X100な
ら16等分なので14コマまで取り扱えます。
 また、コマを1つしか用意しなくても、動かすだけで十分な効果が期待できますの
で、単純な移動にもTRMAKEをご利用ください。

 画面をはみ出した座標指定でも、画面に見える部分だけをMMLにしますので、画
面をフルに使ったアニメーションが実現できます。

動作環境

TRMAKEの対応動作環境
ソフト名:TRMAKE
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 内田 友幸 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

アニメーション  背景  自動生成  MML 


「RAY」カテゴリーの人気ランキング

  1. 二代目ねずみ小僧 RAYのMML作成グラフィックツール(ユーザー評価:0)
  2. Ray RAY Personal Computer Audio & Visual 総合ソフトウェア(ユーザー評価:0)
  3. RinPVフルセット版 Rin 演奏状態表示 etc.(ユーザー評価:0)
  4. BACKPLAY Rin 音楽逆転再生プログラム(ユーザー評価:0)
  5. R26TO86 気分だけ26→86データ変換(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック