アルコール依存症チェック

英国CAGE法とWHO(世界保健機構)の診断基準ICD-10による見分け方


ソフト詳細説明

今回の看護数式は、アルコール関連疾患の肝臓障害、脳神経障害、消化器系障害、糖尿病、心疾患、高血圧、癌、高脂血症、痛風や感染症、さらには、皮膚疾患や性機能などの広範囲に影響があるアルコール依存症のチェックを、英国CAGE法とWHO(世界保健機構)の診断基準ICD-10を基に試作いたしました。試作の動機は今年の成人式における僅かな数の新成人の大胆なアルコールとの接触ぶりをTV放映で知り、取り急ぎ試作いたしました。実際は、40歳を過ぎての飲酒癖をなんとか直したい方にお役に立つアルコール依存症の見分け方かも知れません。

動作環境

アルコール依存症チェックの対応動作環境
ソフト名:アルコール依存症チェック
動作OS:Windows Me/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

診断  基準  保健  機構  ICD  英国  WHO  CAGE 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 医薬情報機関 権威ある医療機関からの薬と病気の最新情報の入手方法(ユーザー評価:0)
  3. 白内障手術判断 超音波乳化吸引と眼内レンズ挿入術の白内障手術の判断(ユーザー評価:0)
  4. Na・HCO3の投与量 不足ナトリウムやHCO3~を補正する投与量を求めます(ユーザー評価:0)
  5. アニオンギャップ(血液の酸性化)の判定 血液の酸-塩基のバランスが崩れ、酸性化(アシドーシス)の有無を確認(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
SELECTION