白内障手術判断

超音波乳化吸引と眼内レンズ挿入術の白内障手術の判断


ソフト詳細説明

加齢性白内障の手術は眼底や視神経の病気が合併していなければ、手術で視力を回復させます。数式はないが、老人性白内障の水晶体の濁り(白濁)は、早い人で40歳代から発症し。60歳で65%、86歳ではほぼ100%の老人が白内障に罹患します。水晶体の一部に透明部が残存していると、そこを通過する光は網膜に結像するので、混濁の程度によって視力が保たれることがあります。瞳孔の大きさと、混濁部位との関係も視力低下に大きく影響します。水晶体混濁が瞳孔の中央にあれば、視力低下は大きく、瞳孔領から外れていれば、視力低下はそれほど低下しません。
今回の看護数式は、白内障の視力低下を0.4までは薬物療法、視力低下0.3は白内障手術判断の初期限界、0.2は白内障手術判断の中間判断、0.1は白内障手術の早期実行を判定するプログラムとしています。

動作環境

白内障手術判断の対応動作環境
ソフト名:白内障手術判断
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

挿入  判断  レンズ  手術  音波  白内障  乳化  吸引 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 汗の塩分量を求める 1日の発汗量の塩分喪失を計算(ユーザー評価:0)
  3. マンション知識 (HTML版) 新築マンション購入において私が受けた質問をもとに説明した教育ソフト(ユーザー評価:0)
  4. 分娩麻酔選択 自然分娩と麻酔分娩のビショップスコア(ユーザー評価:0)
  5. 糖尿病の病気診断 WINDOWS〜MS-DOS病気診断(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック