背柱管の時間当たりの髄背髄液の産生・排泄量

腰椎穿刺後の髄液採取量や穿刺孔からの髄液の漏出対応


ソフト詳細説明

腰椎穿刺後の髄液採取量や穿刺孔からの髄液の漏出による頭痛の発生や造影剤の代謝、安静の必要性を考えるときに用います。脳背髄液の総量×脳背髄液の交換回数)÷24(時間)×0.1.......(単位:ml/時間)。検査前後の絶飲食や安静(3時間程度)の必要性を説明:脳背髄圧の低下による頭痛や嘔気・嘔吐などによる誤飲・気道閉塞を予防する。水分摂取や点滴の必要性を説明:循環血液量を増やし背髄液の産生を促進します。検査後に枕を外し、水平仰臥位の安静とするのは、以下の理由によります。?脳の背髄液圧が髄液採取により低下し、脳ヘルニアを起こさないように予防するため。?髄液圧の低下と重力の影響による血管の牽引による髄膜刺激症状を予防する。

動作環境

背柱管の時間当たりの髄背髄液の産生・排泄量の対応動作環境
ソフト名:背柱管の時間当たりの髄背髄液の産生・排泄量
動作OS:Windows Me/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

採取  漏出  穿刺  腰椎 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. EXCEL活用によるQC&MCの改善 EXCEL対応のパソコン活用によりQC&MCの改善・向上する統計的処理を学習(ユーザー評価:0)
  3. 体表面積の求め方 Java AppletとVBcriptによるデュボアの式と藤本・渡辺の式の人体表面積を求め方(ユーザー評価:0)
  4. 糖尿病の病気診断 WINDOWS〜MS-DOS病気診断(ユーザー評価:0)
  5. 必要薬液量の算出 体重から1時間当たりどれくらいの塩酸ドバミン200を注入するかを求めます(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック