濃厚血小板輸血で増加する血小板数

血小板数の増加期待数(単位:万/μl)から判定


ソフト詳細説明

濃厚血小板輸血で補正される血小板数を、1単位に含まれる血小板数に血小板輸血量を乗じ、体内血小板量の割合から必要量を求めます。血小板は、出血した場合に、粘着と凝集作用により血栓を形成し血管内皮細胞の間隙を埋め内壁を保護し、血液が血管外に漏出するのを防ぐ(止血)作用と、血小板内のセロトニンが血管内に流出し、血管を収縮させ出血を少なくして血圧を維持しようとする働きを持っています。また血液凝固に関与し、プロトロビンをトロビンに換える働きを持っています。今回の看護数式は、((0.2×10^11×輸血数)÷(体内血液量(ml)×10^3))×2/3.....(単位:万/μl) この式からVBScriptのプロクラミングをするのに、体内血液量(ml)=体重kg×0.08の患者の体重データが必要です。次に、血小板輸血数の単位数が必要です。それと、患者の現在の血小板量(単位:万/μl)を把握し、今回の看護数式により血小板数の増加期待数(単位:万/μl)から判定します。よって、濃厚血小板輸血で増加する血小板数の式と判定式を構成します。ファイルは、PLT.HTMとPLT2.HTMの2つに分けています。

動作環境

濃厚血小板輸血で増加する血小板数の対応動作環境
ソフト名:濃厚血小板輸血で増加する血小板数
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

期待  増加  判定  血小板 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 膵癌進行度と手術予後 膵癌進行度と手術予後をVBScriptと日本語プログラミングTTSneoで作成(ユーザー評価:0)
  3. 溶質の溶解量 溶液に溶けている溶質の量を求めます(ユーザー評価:0)
  4. スワンガンツカテーテルより得られるデータ,数式No1/2 心係数、1回拍出量、全血管抵抗、肺血管抵抗の4つを求める看護数式を学習(ユーザー評価:0)
  5. 古典の英訳 小説近未来の世界観(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック