アルブミンの投与量

アルブミン血症の補正をする際にその投与量を決めます


ソフト詳細説明

アルブミン血症の補正をする際にその投与量を決めます。アルブミンは、肝臓で1日に約10gが合成され、ホルモンやビルリビン、薬剤など水に溶けない物質を臓器や組織に運んだり、血液の浸透圧を保っています。異常(低値)の原因は、●栄養不足:摂取量の不足や腸管の吸収障害。●体外への喪失:ネフローゼ、下痢、出血、火傷、外傷、褥創など。●肝臓での蛋白合成低下:肝硬変、劇症肝炎など。●崩壊亢進:急性炎症性疾患、悪性腫瘍、外傷、火傷、甲状腺機能亢進症。今回の看護数式は、(Alb濃度の期待値−実測値)×循環血漿量(g/dl)×2...(単位:g*dl)のプログラム作成です。循環血漿量の看護数式の復習となりますが、循環赤血球量の量=(循環血液量×Ht×0.92)÷体重と、循環血液量=体重×0.8の関係も知って今回の看護数式の変換を理解する必要があります。

動作環境

アルブミンの投与量の対応動作環境
ソフト名:アルブミンの投与量
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

補正  投与  アルブミン 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 前立腺生検適応 癌細胞の有無を調べ生検適応のバラメータをVBScriptとTTSneoにより求める看護数式の学習(ユーザー評価:0)
  3. 看護数式 看護に必要な数値をVBScriptにより算出するソフトの総括(ユーザー評価:0)
  4. 心臓肥大の有無判定 胸部X線写真で心臓の直径と胸郭の比から心臓肥大の有無を判定(ユーザー評価:0)
  5. 高齢者抑うつ度自己判定 無症候性脳梗塞の「うつ状態」早期発見のZUNGの自己判定(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
SELECTION