脂肪乳剤の投与量

糖やアミノ酸(蛋白質)の約2倍の熱量をもつ脂肪乳剤の1日限界投与量を求めます


ソフト詳細説明

糖やアミノ酸(蛋白質)に比べ約2倍の熱量をもつ脂肪乳剤の1日投与量(限界値)を求めます。脂肪乳剤の投与量(1日当たり)=2g×体重kg。必須脂肪酸の欠乏は、皮膚炎、貧血、血小板減少、血管透過性亢進、創痍治療の遅延などの症状を呈します。その症状の経過を把握します。投与速度は、3時間以上かける。を正確に行います。投与時は、静脈炎、血管症、発熱、悪心、嘔吐、悪寒、顔面紅潮、頻脈、胸部圧迫感などの過敏症状、血圧降下、下痢、口渇、肝障害に注意します。血栓症、高脂血症、血液凝固障害、ケトーシスを伴う糖尿病には投与禁です。

動作環境

脂肪乳剤の投与量の対応動作環境
ソフト名:脂肪乳剤の投与量
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

脂肪  アミノ酸  投与  熱量  蛋白  乳剤 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 高カロリー輸液(TPN)の基準 経口摂取・経管栄養不可能な場合の栄養管理TPNのカロリーや蛋白質量を求めます(ユーザー評価:0)
  3. 手術前後の肺活量の向上と判定 胃癌手術前後のバイタルサインのチェックと呼吸状態の観察(ユーザー評価:0)
  4. 血圧を決定する要因 正常な安静時の末梢血管抵抗を求めた上で収縮期血圧を求めます(ユーザー評価:0)
  5. パーキンソン病自己診断 厚生省研究部パーキンソン病診断基準の自己判定と生活機能障害度の判定(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック