慢性透析患者の食事療法

エネルギー量と蛋白質量を求める食事看護が重要


ソフト詳細説明

腎不全患者の1日必要エネルギー量・蛋白質量を求めます。体重kgのみの入力に、エネルギー量は最小35kcal×体重kgと最大45kcal×体重kgのkcal/日の範囲を求めます。蛋白質量は、最小1.2kcal×体重kgと最大1.5kcal×体重kgのkcal/日の範囲を求めます。十分なカロリーを摂取させられますが、高淡白食品は高窒素血症・高リン血症を起こし腎不全状態を悪化させますので、低蛋白・高カロリー・減塩について十分に栄養指導が行われます。血液検査データ(BUNやCre値)や体重の変化を確認しながら、指導の評価や必要性を理解します。水分の多い食事(野菜や豆腐など)過剰摂取を控え、体内の水分の貯留を避けます。

動作環境

慢性透析患者の食事療法の対応動作環境
ソフト名:慢性透析患者の食事療法
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

看護  重要  エネルギー  食事  質量  蛋白 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 分娩予定日の計算(ネーゲレの概算式) 出産予定日を求めます(ユーザー評価:0)
  3. 左房負荷とP波のモーリスインデックス 心電図のP波から心臓弁膜症(僧坊弁不全)の考察をいたしました(ユーザー評価:0)
  4. 古典の英訳 小説近未来の世界観(ユーザー評価:0)
  5. 漬物帝国の陰謀 栄養生活の豆知識と専門雑学(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック