慢性透析患者の食事療法

エネルギー量と蛋白質量を求める食事看護が重要


ソフト詳細説明

腎不全患者の1日必要エネルギー量・蛋白質量を求めます。体重kgのみの入力に、エネルギー量は最小35kcal×体重kgと最大45kcal×体重kgのkcal/日の範囲を求めます。蛋白質量は、最小1.2kcal×体重kgと最大1.5kcal×体重kgのkcal/日の範囲を求めます。十分なカロリーを摂取させられますが、高淡白食品は高窒素血症・高リン血症を起こし腎不全状態を悪化させますので、低蛋白・高カロリー・減塩について十分に栄養指導が行われます。血液検査データ(BUNやCre値)や体重の変化を確認しながら、指導の評価や必要性を理解します。水分の多い食事(野菜や豆腐など)過剰摂取を控え、体内の水分の貯留を避けます。

動作環境

慢性透析患者の食事療法の対応動作環境
ソフト名:慢性透析患者の食事療法
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

看護  重要  エネルギー  食事  質量  蛋白 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 心拍数からみるリハピリ適性運動量の判定 日常生活、糖尿病、循環器疾患患者、高齢者の適正運動の心拍数の判定(ユーザー評価:0)
  2. 肺腫瘍マーカー 肺癌腫瘍マーカー組み合わせの臨床検査法の看護数式(ユーザー評価:0)
  3. 胃癌と胆石症手術の報告 胃癌手術と総胆管胆石手術の概括(ユーザー評価:0)
  4. 女性の病気診断 女性の病気の危険サインと危険ファクター・チェックの診断学習(ユーザー評価:0)
  5. 気管内洗浄用生理食塩液の量 気管内に挿管している患者の気管内洗浄を行う場合の生理食塩液の量を求める(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック