小児糖尿病の必要エネルギー量

インシュリン依存型と非依存型があります 生活上必要なエネルギーを求めます


ソフト詳細説明

必要なエネルギー量の変化をVBScriptで求めます。小児糖尿病にもIDDM(インシュリン依存型糖尿病)とNIDDM(インシュリン非依存型糖尿病)の2種類があります。糖尿のコントロールのためと生活上必要なエネルギーを求め。患者・家族の指導によりこれらの看護数式は使用されます。IDDM(インシュリン依存型糖尿病)とNIDDM(インシュリン非依存型糖尿病)のいずれも小児の年齢を入力するのみで、1日必要エネルギー量が求められます。IDDM(インシュリン依存型糖尿病)の(1)式と(2)式あります。およびNIDDM(インシュリン非依存型糖尿病)の式も必要エネルギーの6割((1)式とします)と8割((2)式とします)の合計4種類の看護数式がありますので、4つの1日必要エネルギー量を出力させます。よってIDDM(インシュリン依存型糖尿病)とNIDDM(インシュリン非依存型糖尿病)の1日必要エネルギー量の選択の自由は、この看護数式の使用者の責任(小児患者の症状)で、お取り扱いしてください。

動作環境

小児糖尿病の必要エネルギー量の対応動作環境
ソフト名:小児糖尿病の必要エネルギー量
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

生活  エネルギー  依存  インシュリン 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 高カロリー輸液(TPN)の基準 経口摂取・経管栄養不可能な場合の栄養管理TPNのカロリーや蛋白質量を求めます(ユーザー評価:0)
  3. 手術前後の肺活量の向上と判定 胃癌手術前後のバイタルサインのチェックと呼吸状態の観察(ユーザー評価:0)
  4. 血圧を決定する要因 正常な安静時の末梢血管抵抗を求めた上で収縮期血圧を求めます(ユーザー評価:0)
  5. パーキンソン病自己診断 厚生省研究部パーキンソン病診断基準の自己判定と生活機能障害度の判定(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック