残気量(改訂0.3)

Boren,Goldmanらによる予測式より求める残気量


ソフト詳細説明

息を十分に吐き出せない異常状態の障害がありますと、次第に残気量が増え、肺活量も減少し、1秒率も低下します。高齢や気管支喘息・肺気腫などや胸郭の障害(胸膜肥厚・呼吸筋麻痺など)で残気量は増加します。肺実質の拘束性障害(肺線維症・肺腫瘍など)では減少しています。0.1V登録の 「呼吸器の残気量の求め方」は、Java Appletプロクラムなどを混雑させていました。今回はVBScriptとTTSneoによりBoren,Goldmanらによる予測式より求める残気量の看護数式に改訂いたしました。

動作環境

残気量(改訂0.3)の対応動作環境
ソフト名:残気量(改訂0.3)
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

基本料金無料の『みんなの電子署名』

■関連キーワード

予測  Goldman  Boren 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. ローレル指数 学童の発育バランスを求めます(ユーザー評価:0)
  3. 腎機能と尿失禁と頻尿 腎機能の看護数式と尿失禁・頻尿の問診(ユーザー評価:0)
  4. 高カロリー輸液(TPN)の基準 経口摂取・経管栄養不可能な場合の栄養管理TPNのカロリーや蛋白質量を求めます(ユーザー評価:0)
  5. 補充輸液量 水分の喪失量と摂取量の差から体に必要な補液量を求めます(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
基本料金無料の『みんなの電子署名』