その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > 電卓ソフトを極める!!

電卓ソフトを極める!!

FlipCalFlipCal
便利な単位変換機能も備えた高機能数式入力電卓ソフト

タスクトレイに常駐する数式入力電卓ソフト。アイコンのダブルクリックですばやく呼び出すことができ、数式を入力して【Enter】キーを押すだけで計算を実行できる。関数や変数を使えるほか、単位変換の機能も備えている。

「FlipCal」のメイン画面は、昔のMacintosh風で、一見Windowsアプリケーションには見えないユニークなもの。数式は下段の数式入力行に入力し、【Enter】キーで計算を実行する。計算式と結果は中央のログに表示され、履歴として残される。

四則演算、ビット演算をサポートし、括弧を使った数式も規則通りに計算できる。括弧が入れ子構造になっている式も、入れ子の階層に制限なく計算することが可能だ。変数や定数、関数も使用することができる。使用できる定数、関数は、これらを定義した拡張モジュールで提供されるが、標準で同梱されている「標準数学モジュール」には、三角関数、逆三角関数、対数関数などが含まれている。

計算には10進数のほか、2進数、8進数、16進数を入力、出力に使うことができる。どの形式で出力するかは、メイン画面右上の「DEC」ボタンを押すと表示されるポップアップメニュー、または数式入力行へのコマンド入力で指定できる。コマンドには出力形式の指定ほか、変数の保護/解除/削除などが用意されている。

メイン画面右上の「UNITCONV」ボタンを押すと、単位変換画面が表示される。単位変換画面では「長さ、距離」「重さ、質量」「面積」「体積、容量」「時間」など、さまざまな種類の単位を変換できる。メイン画面から呼び出したときには、メイン画面での計算結果が変換元の数値として自動的に入力される。さらに、単位変換を「AUTO」モードにすることで、メイン画面での計算結果をリアルタイムに反映させることも可能だ。

画面の色は9色から選択することが可能。表示メッセージの言語は日本語と英語から選ぶことができる。


■FlipCal 1.1
  • 作 者:井出 淳 さん
  • 対応OS:Windows 98/95/NT
  • 種 別:フリーソフト(寄付歓迎)
  • 作者のホームページ:http://www.d1.dion.ne.jp/~aide/


  • 前へ 次へ

    画面デザインは昔のMacintosh風のオシャレなもの
    画面デザインは昔のMacintosh風のオシャレなもの

    数式入力行にはソフトの環境設定を行うコマンドも入力できる
    数式入力行にはソフトの環境設定を行うコマンドも入力できる

    上段の変換元から下段の変換先へ即座に変換できる単位変換画面
    上段の変換元から下段の変換先へ即座に変換できる単位変換画面

    変換可能な単位は「長さ、距離」から「時間」「コンピュータ」まで多彩
    変換可能な単位は「長さ、距離」から「時間」「コンピュータ」まで多彩


    電卓ソフトを極める!!
    鍋電卓:複雑な計算もボタンひとつで実行できるプログラミング電卓ソフト
    HiyoCalc:簡単な表計算やメモ機能もある、楽しいひよこの電卓ソフト
    めも電卓:計算式をそのままエディタに入力する関数電卓ソフト
    SCAP for Windows:テキストエディタやワープロと連携し、テキスト中の数式を計算できる電卓ソフト
    mark_bl2.gifFlipCal:便利な単位変換機能も備えた高機能数式入力電卓ソフト
    M changer:「長さ」から「進数」「年号」まで、さまざまな単位を即座に変換できるソフト
    まとめ:それぞれのソフトの特徴のおさらい
    ダウンロード:今回、紹介したソフトのダウンロードはこちらから


    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.