その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > 電卓ソフトを極める!!

電卓ソフトを極める!!

SCAP for WindowsSCAP for Windows
テキストエディタやワープロと連携し、テキスト中の数式を計算できる電卓ソフト

テキストエディタやワープロソフトでのテキスト編集中に、テキスト中の数式をそのまま計算してくれる常駐型電卓ソフト。編集中のテキストから計算したい数式部分を選択してホットキーを押すだけなので、「SCAP」の存在をほとんど意識することがない。

「SCAP」では、計算結果の出力方法によって、結果を数式の直後に書き込む「挿入計算」と計算結果を数式に置き換える「置換計算」の2種類の計算が可能で、それぞれにホットキーを設定することができる。

括弧や四則演算の優先順位は、実際の計算規則に則る。数値の表記は16進表記、対数表記にも対応。累乗や剰余、論理演算も可能で、さらに三角関数、逆三角関数、指数関数、対数関数の計算をすることもできる。

数式の記入に全角/半角、英字大文字/英字小文字の区別ははなく、これらが混在していても問題なく計算することができる。また、数式中にある空白やカンマ、数値直前の円記号(¥)、漢字などはすべて計算時には無視される。したがって、

(500円+300円)* 12日 / 8人=
のような、単位や全角/半角が混在した数式でも、そのままの形で選択・計算することが可能だ。

テキストの編集中でないときは、タスクトレイアイコンから呼び出す「SCAP PAD」での計算が可能だ。「SCAP PAD」では編集エリアに数式を入力して【Enter】キーを押すことで計算が実行される。数式をクリップボードから貼り付けたり、計算結果もしくは数式と計算結果をクリップボードに送ったりすることもできる。また、編集エリアの内容を計算結果だけにする機能もあり、計算結果に続けて次の計算をしたいときなどに便利。ドロップダウンリストには過去の計算履歴が表示される。

「SCAP」での実際の動作は、選択範囲を【Ctrl】+【C】でコピー(挿入計算)または【Ctrl】+【X】で切り取り、計算を行ったあとに【Ctrl】+【V】で貼り付けるという手順を踏んでいる。そのため、このWindows標準キー操作が効かないアプリケーションでは、初期状態のままでは挿入計算、置換計算が使えない。そうしたアプリケーションでは、SCAP.INIファイルを編集してアプリケーション別のキー操作を設定することで、問題なく使えるようになる。


■SCAP for Windows 1.40
  • 作 者:山本 研一 さん
  • 対応OS:Windows XP/Me/2000/98/95
  • 種 別:フリーソフト
  • 作者のホームページ:http://hp.vector.co.jp/authors/VA002252/


  • 前へ 次へ

    単位の有無、全角/半角にかかわらず、テキストの数式を一発で計算してくれる
    単位の有無、全角/半角にかかわらず、テキストの数式を一発で計算してくれる

    「SCAP PAD」。ドロップダウンリストには計算履歴も記録されている
    「SCAP PAD」。ドロップダウンリストには計算履歴も記録されている

    動作設定画面。ホットキーは使いやすいキーを設定することができる
    動作設定画面。ホットキーは使いやすいキーを設定することができる

    特殊なキー操作のアプリケーションにもSCAP.INIの編集で対応できる
    特殊なキー操作のアプリケーションにもSCAP.INIの編集で対応できる


    電卓ソフトを極める!!
    鍋電卓:複雑な計算もボタンひとつで実行できるプログラミング電卓ソフト
    HiyoCalc:簡単な表計算やメモ機能もある、楽しいひよこの電卓ソフト
    めも電卓:計算式をそのままエディタに入力する関数電卓ソフト
    mark_bl2.gifSCAP for Windows:テキストエディタやワープロと連携し、テキスト中の数式を計算できる電卓ソフト
    FlipCal:便利な単位変換機能も備えた高機能数式入力電卓ソフト
    M changer:「長さ」から「進数」「年号」まで、さまざまな単位を即座に変換できるソフト
    まとめ:それぞれのソフトの特徴のおさらい
    ダウンロード:今回、紹介したソフトのダウンロードはこちらから


    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.