kie(Knowledge Index Editor)

テキストベースのアウトラインプロセッサ


ソフト詳細説明

kieとは、テキストベースのアウトラインプロセッサです。
個々のテキストを項目別にツリー構造化することでデータの把握・管理を容易に行うことができます。
そして、特定の項目以下のレベルを変更したり、特定の項目レベル以下を折り畳んで表示したり、特定項目以下をブロックごと移動したりできます。

ただし、kieは、知識に見出しを付けて、ツリー構造化して管理することを目指して作成しているため、厳密に言うとアウトラインプロセッサとは違うかもしれません。簡易テキスト型データベースと言ったところでしょうか・・・。

また、kieのもう1つの目的として進捗管理(ToDo管理)があります。今はまだ貧弱ですが、将来的に強化する予定です。


kieの特徴

■Nami2000形式、階層付きテキストファイルの読み込みが行えます。(将来的には、kie形式を実装する予定です。)
■Nami2000形式、階層付きテキストファイル、PalmMeDoc形式のファイルの書き込みが行えます。
■リッチテキストを使っている他のアウトラインプロセッサに比べ、データファイルが小さいです。
■タブ文字、全角空白、RETマーク、EOFマークの表示ができます。また、タブ文字の展開のサイズは自由に設定できます。
■行間や字間等のカスタマイズが可能です。
■リッチテキストのように豊富な文字の修飾は行えませんが、囲い文字での強調表示、編集モード(rsvファイル)を利用したキーワードの強調表示が行えます。(ソースコードの断片の管理に適してます。)
■URL、Mail、ファイルへのリンクの実行ができます。また、不完全ながら、ノード、ラインへのリンクも可能です。
■ダイレクトリンク機能により、既存のテキストファイルをあたかもkieのファイルの一部として表示することができます。
■アイコンによる進捗の管理(ToDo管理)が可能です。
■ラベルを付けることにより、視覚的に重要度等の表示ができます。
■正規表現による検索が可能です。
■kieマクロにより、機能拡張?が可能です。

動作環境

kie(Knowledge Index Editor)の対応動作環境
ソフト名:kie(Knowledge Index Editor)
動作OS:Windows Me/2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: mas 

ユーザーの評価(3人):4
コメント:2
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

テキスト  アウトラインプロセッサ 


「テキストエディタ」カテゴリーの人気ランキング

  1. VerticalEditor 縦書き・ふりがなに対応したアウトラインプロセッサ(ユーザー評価:0)
  2. MKEditor for Windows 初心者にも扱いやすい高機能なマルチドキュメント対応エディタ(ユーザー評価:4)
  3. Giga Text Viewer 巨大なテキストファイルを瞬時に開いて閲覧編集できる(ユーザー評価:0)
  4. AkelPad 4 プラグインで機能追加できる、SDI/MDI両対応のテキストエディタ(ユーザー評価:0)
  5. Apsaly 軽快な高多機能の本格的汎用テキストエディタ(ユーザー評価:0)

「テキストエディタ」カテゴリのソフトレビュー

  • AkelPad 4 4.9.3 - 必要な機能だけをプラグインで組み込める、SDI/MDI両対応の軽快なテキストエディタ
  • Giga Text Viewer 1.2.0.5 - ビッグサイズのファイルも瞬時に開いて閲覧できる、シンプルなテキストビューア
  • e-メモ 0.26 - リッチテキスト形式や文字・段落の書式設定にも対応した“ワープロ風”テキストエディタ
  • 秀丸エディタ 8.00 - 「ファイルマネージャ枠」などで、さらに機能を充実させた“定番”テキストエディタの新バージョン
  • GoEditor for Windows 0.98 - 強力な編集・検索機能と壁紙表示機能などのユニークな機能とをあわせ持つテキストエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック