hd

16進ダンプ


ソフト詳細説明

hd コマンドは、オプションで選択した書式で file を16進ダンプ表示します。
オプションを省略した場合には -s が指定されていると見なします。
file が指定されない場合は標準入力が使用されます。オプションの意味は、次の通りです。
-a asciiコードのみ文字と見なします。
-e euc漢字と見なします。
-i EBCDICカタカナと見なします。
-s シフトJISコードと見なします。
offset は、表示を開始するファイルの先頭からのオフセットを指定します。
offset は通常、10 進数のバイト単位と解釈されます。先頭が 0 であれば 8 進数、
0x ないし 0X であれば 16 進数と解釈されます。file を省略した場合には、offsetの前に + を付けなければなりません。
コマンドプロンプトから次のようにします。
hd -a mbr.bin > mbr.txt

動作環境

hdの対応動作環境
ソフト名:hd
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: VA007219 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ダンプ 


「バイナリファイル処理」カテゴリーの人気ランキング

  1. テキストバイナリコンバータ テキストファイルとバイナリファイルの相互変換を行う(ユーザー評価:4.5)
  2. FastHash ファイルのCRCやMD5、SHA-1を高速に計算しTEXTで出力(ユーザー評価:4.5)
  3. CRC16の計算ソフト テキスト入力、またはファイルから4種類のCRC16値を8タイプ同時に計算する(ユーザー評価:0)
  4. HashChecker ファイルのCRC-32とMD5を見比べずに簡単チェック(ユーザー評価:4)
  5. xdump(エックスダンプ) ファイルの16進ダンプリストを表示するドラッグアンドドロップ対応ツール、ファイルの簡易比較も可能(ユーザー評価:0)

「バイナリファイル処理」カテゴリのソフトレビュー

  • eXeScope 1.10 - ソフトをカスタマイズできるリソースエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック