HashChecker

ファイルのCRC-32とMD5を見比べずに簡単チェック


ソフト詳細説明

HashCheckerはハッシュコードというコードを介してファイルを比較するツールです。
中でも最も利用されているMD5とCRC-32というハッシュコードを採用しています。
コード算出はファイルやフォルダをHashCheckerのウインドウやアイコンにドロップするだけ、比較はコードを含む文章をコピーするか、コードを含むファイルをドロップするだけです。

簡単シンプルな割に高機能!色々な事が出来ます。
・ハッシュコードの計算を一部アセンブラで最適化してあるので処理が速い
・ファイルサイズの制限が無く、大容量、多数のファイルを算出しても進捗が見れて安心、処理中に中止も追加も可能
・比較ファイル読取りはMD5かCRC-32を利用している全ての形式に対応出来、PARやPAR2といったバイナリファイルも扱える
・比較ファイル作成は簡単な書式設定が出来、多くの形式と互換が可能
・履歴機能により一度計算したファイルのコードは記録されるので効率が良い
・重複検出機能によりファイル同士の比較も可能
・扱い易くする設定や判り易くする設定を多数用意、好みに併せて設定可能

細かい工夫を随所にしていますので、詳細は添付のヘルプで確認して下さい。

動作環境

HashCheckerの対応動作環境
ソフト名:HashChecker
動作OS:Windows XP/Me/2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: かみさか 

ユーザーの評価(5人):4
コメント:5
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

CRC  MD5 


「バイナリファイル処理」カテゴリーの人気ランキング

  1. Bitmapチェッカー EXE/DLL/BMPのファイル中のビットマップを表示・保存・置換(ユーザー評価:2.5)
  2. cksum System V 16bit/32bit sum/CRC/MD2/MD4/MD5/RMD160/SHA1/SHA224/SHA256/SHA384/SHA512を出力/検査できる(ユーザー評価:0)
  3. xdump(エックスダンプ) ファイルの16進ダンプリストを表示するドラッグアンドドロップ対応ツール、ファイルの簡易比較も可能(ユーザー評価:0)
  4. こんばいん バイナリレベルでファイルを比較(ユーザー評価:3)
  5. UPXMask 実行プログラムを驚異的に圧縮(ユーザー評価:3.5)

「バイナリファイル処理」カテゴリのソフトレビュー

  • eXeScope 1.10 - ソフトをカスタマイズできるリソースエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック