xdump(エックスダンプ)

ファイルの16進ダンプリストを表示するドラッグアンドドロップ対応ツール、ファイルの簡易比較も可能


ソフト詳細説明

・一度に32キロバイト(8000H)分のダンプリストを表示し、表示ブロック位置のオフセットを簡単に変更できます。
・16進数とともに、表示可能であればシフトJISコードまたはEUCコードの文字列も表示します。
・8 〜 64バイトの範囲で、1行あたりの表示バイト数の設定が可能です。
・0 〜 63バイトの範囲で、表示開始オフセットの設定が可能です。
・同じ行が繰り返される場合は、【 N 回繰り返し】と表示されます。
・バイトパターンを検索することができ、パターンは16進数と文字列のどちらでも指定することができます。
・表示内容の確認をしやすくするために、ダンプリストの空白部分に目印を記入することができます。
・表示されているダンプリストをテキスト文書としてクリップボードへコピーしたり、ファイルに保存することができます。
・文字と文字コードの対応や10進数と16進数の対応を手入力で確認できます。
・アイコンのダブルクリックや、対象ファイルアイコンのドラッグアンドドロップで起動できますが、対象ファイルアイコンの右クリックから
「送る」で起動するのが実用的です。
・ビューアーへファイルをドラッグアンドドロップして、ダンプすることもできます。
・文字色と背景色は自由に変更できます。
・2つのバイナリーファイルを簡易的に比較することができます。
・Windows の「送る」メニューへ簡単に登録したり解除したりすることができます。

動作環境

xdump(エックスダンプ)の対応動作環境
ソフト名:xdump(エックスダンプ)
動作OS:Windows 7/Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC PC-98 x64
種類:フリーソフト
作者: Kakasy 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

比較  ダンプ  アンド 


「バイナリファイル処理」カテゴリーの人気ランキング

  1. FastHash ファイルのCRCやMD5、SHA-1を高速に計算しTEXTで出力(ユーザー評価:4.5)
  2. テキストバイナリコンバータ テキストファイルとバイナリファイルの相互変換を行う(ユーザー評価:4.5)
  3. CRC16の計算ソフト テキスト入力、またはファイルから4種類のCRC16値を8タイプ同時に計算する(ユーザー評価:0)
  4. HashChecker ファイルのCRC-32とMD5を見比べずに簡単チェック(ユーザー評価:4)
  5. wMD5sum MD5ダイジェスト値をD&Dなどで複数登録し順番にMD5計算を行い結果を保存(ユーザー評価:3.5)

「バイナリファイル処理」カテゴリのソフトレビュー

  • eXeScope 1.10 - ソフトをカスタマイズできるリソースエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック