wMD5sum

MD5ダイジェスト値をD&Dなどで複数登録し順番にMD5計算を行い結果を保存


ソフト詳細説明

wMD5sumはその名の通りWindows上でUnixなどで使用されているmd5, md5sumを行うものです。
PC-UNIXのFTP版などのISOイメージをダウンロードしてきた時に、ダウンロードが正常に終了しているかどうかのチェックに使えます。
またソフトウェアの配布などを行うときにPGP,GPGを使うのが面倒であればMD5のダイジェスト値を表示しておけば改変チェックぐらいは出来ると思います。
(ファイルサイズが2G以上でもOSが対応していれば計算できます。)

動作環境

wMD5sumの対応動作環境
ソフト名:wMD5sum
動作OS:Windows XP/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: KK.Kon 

ユーザーの評価(2人):3.5
コメント:2
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ダイジェスト  MD5 


「バイナリファイル処理」カテゴリーの人気ランキング

  1. FastHash ファイルのCRCやMD5、SHA-1を高速に計算しTEXTで出力(ユーザー評価:4.5)
  2. テキストバイナリコンバータ テキストファイルとバイナリファイルの相互変換を行う(ユーザー評価:4.5)
  3. CRC16の計算ソフト テキスト入力、またはファイルから4種類のCRC16値を8タイプ同時に計算する(ユーザー評価:0)
  4. HashChecker ファイルのCRC-32とMD5を見比べずに簡単チェック(ユーザー評価:4)
  5. wMD5sum MD5ダイジェスト値をD&Dなどで複数登録し順番にMD5計算を行い結果を保存(ユーザー評価:3.5)

「バイナリファイル処理」カテゴリのソフトレビュー

  • eXeScope 1.10 - ソフトをカスタマイズできるリソースエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック