DiffSearch

2つのファイルの不一致部分をテキストログに出力したり修正する2.1GB越対応


ソフト詳細説明

2つのファイルの不一致データをテキスト形式のログに出力します。
比較対象ファイルとして2.1GBを越える巨大ファイルにも対応しました。
本ソフト DiffSearch は、バックアップしたつもりのファイルが壊れていないかのチェックや、壊れていた場合のデータの変化をテキストファイルにアドレスとそのデータを16進数で出力するユーティリティです。不一致部分があった場合は修正できるようにもなりました。

【注意】全く異なるファイルを比較すると、とんでもなく巨大なログファイルが作成されてしまいますので、分かってて実行する場合はディスクの空き容量と作成されたログファイルの開き方にご注意ください。あまり巨大なファイルはテキストエディタやワープロソフトが対応していない場合があります。

動作環境

DiffSearchの対応動作環境
ソフト名:DiffSearch
動作OS:Windows XP/Me/2000/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: GAMAKATTU 

この作品については、作者がコメント・評価を希望しておりません。

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

テキスト  ログ  修正  不一致 


「バイナリファイル処理」カテゴリーの人気ランキング

  1. テキストバイナリコンバータ テキストファイルとバイナリファイルの相互変換を行う(ユーザー評価:4.5)
  2. FastHash ファイルのCRCやMD5、SHA-1を高速に計算しTEXTで出力(ユーザー評価:4.5)
  3. HashChecker ファイルのCRC-32とMD5を見比べずに簡単チェック(ユーザー評価:4)
  4. CRC16の計算ソフト テキスト入力、またはファイルから4種類のCRC16値を8タイプ同時に計算する(ユーザー評価:0)
  5. Change-SubsystemVersion PEヘッダのSubsystemVersion、CheckSumを書き換える (ディレクトリ配下の再帰処理も可)(ユーザー評価:0)

「バイナリファイル処理」カテゴリのソフトレビュー

  • eXeScope 1.10 - ソフトをカスタマイズできるリソースエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック