UPXMask

実行プログラムを驚異的に圧縮


ソフト詳細説明

UPXはMarkus F.X.J Oberhumer、Laszlo Molnarにより開発された実行ファイル圧縮プログラムで、この種類のソフトでは一番の評価を得ており、唯一フリーソフトとして公開されています。

UPXは実行ファイルを実行可能なまま圧縮します。
圧縮の性能はすばらしく、50%以上の圧縮が可能でそのまま実行できます。

UPXはすばらしいソフトですが、DOSプロンプトからコマンド入力で実行させるため、
古い(詳しい?)方は簡単に使えますが、Windows全盛の現在では、敬遠されがちなソフトといえます。

UPXMaskは簡単な画面操作でUPXの機能を使えるようUPXをラップしました。
UPXは与える複数のパラメータにより速度優先、圧縮率優先を指定できますが
UPXMaskはシンプルな画面操作を考慮し、最適な圧縮方法をとっているので
どなたでも簡単に操作でき、満足な結果を得る事が出来ると思います。

UPXMask.exe本体もUPXで圧縮されたexeファイルです。

動作環境

UPXMaskの対応動作環境
ソフト名:UPXMask
動作OS:Windows 7/Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 小野 

ユーザーの評価(1人):3.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

圧縮 


「バイナリファイル処理」カテゴリーの人気ランキング

  1. テキストバイナリコンバータ テキストファイルとバイナリファイルの相互変換を行う(ユーザー評価:4.5)
  2. FastHash ファイルのCRCやMD5、SHA-1を高速に計算しTEXTで出力(ユーザー評価:4.5)
  3. HashChecker ファイルのCRC-32とMD5を見比べずに簡単チェック(ユーザー評価:4)
  4. CRC16の計算ソフト テキスト入力、またはファイルから4種類のCRC16値を8タイプ同時に計算する(ユーザー評価:0)
  5. xdump(エックスダンプ) ファイルの16進ダンプリストを表示するドラッグアンドドロップ対応ツール、ファイルの簡易比較も可能(ユーザー評価:0)

「バイナリファイル処理」カテゴリのソフトレビュー

  • eXeScope 1.10 - ソフトをカスタマイズできるリソースエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック