16bitWavFile処理ソフト

16bitWavFileを結合/FADE IN&OUT/MIX/部分取りだし/モノラル化/音量調整/情報表示


ソフト詳細説明

◎何をするもの?
CD−DAなどから変換した16ビットのステレオWavファイルを操作するコンソールプログラム群です。主にバッチファイルで自動実行することを念頭においています。扱えるファイルサイズに制限はなく、ディスクもあまり使わない設計になっています。ソースもつけますので、LinuxやFreeBSDなどへの移植も可能です。

◎どうやって使うの?
すべて「DOS窓」や「コマンドプロンプト」からコマンドを打ち込むことで使います。
時間の指定はすべて 分:秒 形式(例えば「0:30」)ですが、秒だけの場合は、「0:500」等の表記も可能です。

WCATwavファイルの結合を行います。moto.wavの末尾にadd.wavを付け加えます。
Usage: wcat moto.wav add.wav

WPICKwavファイルから、その一部分を取り出します。指定は秒単位です。
Usage: wpick startmin:startsec endmin:endsec source.wav destination.wav

WMONORLステレオをモノラル(R→L)にします。モノラルマイクからとったデータのコンバートなどに使います。
Usage: wmonorl wavfile

WMONOLRステレオをモノラル(L→R)にします。モノラルマイクからとったデータのコンバートなどに使います。
Usage: wmonolr wavfile

WMIX2つのWAVファイルをミックスします。音量オーバーに注意してください。
Usage: wmix source1.wav source2.wav destination.wav

WNULL指定時間の無音WAVファイルを生成します。
Usage: wnull min:sec filename.wav

WINFOwavファイルの情報を画面に出力します。
Usage: winfo wavfile

WFADEフェードアウト/フェードインを行います。フェードインの場合、開始時刻(WAV先頭からの秒数)を第一パラメータに、終了時刻を第二パラメータに入れます。フェードアウトの場合は、開始時刻を第二パラメータに、終了時刻を第一パラメータにいれます。
Usage: wfade lowmin:lowsec highmin:highsec wavfile

WVOL左右別に音量を調整します。1で同音量です。0にすると無音になります。
1以上の値を入れることは望ましくないです。16bit整数で表現できない音量になるとひどいノイズになります。
Usage: wvol rightvol(<=1) leftvol(<=1) srcfile.wav

動作環境

16bitWavFile処理ソフトの対応動作環境
ソフト名:16bitWavFile処理ソフト
動作OS:Windows XP/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 星野 香奈 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

結合  音量  情報表示  IN  モノラル  MIX  OUT  FADE  bitWavFile 


「音声エディタ」カテゴリーの人気ランキング

  1. WaveSplitter 長時間、複数分割に強いWave形式ファイル編集ツール(ユーザー評価:3.5)
  2. KanaWave 文字だけで音が鳴る! 世界一簡単な効果音作成(ユーザー評価:3)
  3. Swave 視覚的ですっごく簡単、Wave効果音作成ツール(ユーザー評価:4.5)
  4. spwave for Windows WAV,AIFF,MP3,Ogg Vorbisなど様々なフォーマットに対応した音声ファイルエディタ(ユーザー評価:4)
  5. WaveQuickEditor 波形からポイントを指定してCMカットと分割保存 長時間Waveファイルを高速読込(ユーザー評価:4)

「音声 録音・再生」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック