MoveOldFiles

直近アクセスのないファイルを退避フォルダに移動


ソフト詳細説明

対象フォルダ内の直近 XX 日間アクセスの無いファイルを、ファイル構造を保存したまま、退避フォルダに移動させる

・インストールしたアプリから、自分の環境では不要なファイル群を削除してスリム化する場合に有効活用

・年度代わり、異動などでアクセスしなくなったファイル類を見つけて、それらを外付けHDなどやアーカイブに移動してハードディスクを整理する場合に有効活用

・MoveOldFilesはコマンドラインアプリですが、対象フォルダをドラッグすることで起動することもできる。不足したパラメタは起動後、対話的に指定することもできる。

パラメタは以下の通り
> MoveOldFiles 対象フォルダ 動作モード (退避フォルダ) 最終アクセスからの経過日数
退避フォルダは動作モード02,03の場合のみ指定

動作環境

MoveOldFilesの対応動作環境
ソフト名:MoveOldFiles
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: 森川 治 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

アクセス  直近  フォルダ  退避 


「ファイル管理」カテゴリーの人気ランキング

  1. FastCopy Windows系最速(?)のファイルコピー&削除ツール(ユーザー評価:4)
  2. fkopii フォルダ間を比較して差分のコピー、削除を行う(ユーザー評価:0)
  3. Shortcut Target Changer ドラッグ&ドロップによって複数のショートカットファイルのリンク先をまとめて変更(ユーザー評価:4.5)
  4. dINDEX.3 ファイルインデックス管理ユーティリティ(ユーザー評価:4.5)
  5. FolderDiff フォルダの比較ツール(ユーザー評価:4.5)

「ファイル管理」カテゴリのソフトレビュー

  • あれ?どこだっけマルチサーチ - 大事なファイルが見つからない、そんな時に!名前は忘れたけど、中身の分かっているファイルを探します
  • AnyTrans 8 - iPhone、iPadとパソコンの間で、音楽や画像等のデータを簡単に転送&バックアップ
  • FileRenamerSpecific 1.1.1 - ファイルの持つ“記号番号”を活かしながら、説明などを加えて名前を変更する、ユニークなリネームソフト
  • dINDEX.2 2.13.00 - 実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
  • AppSitter 1.0.0.20180709 - iOSデバイスのアプリの管理やホーム画面アイコンの整理をパソコンを使って快適に行える

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック