ハフマン符号作成プログラム Huffman Generator

ファイルに含まれるデータのハフマン符号を作成し、それを表示・編集する


ソフト詳細説明

【 概要 】
Huffman Generator はファイルに含まれるデータのハフマン符号を作成し、
それを表示・編集する為のプログラムです。

ハフマン符号は、LZ77 符号(スライド辞書法)とともに LHA や ZIP でも使われ
ている圧縮方法です。実際には、LHA や ZIP は、最初に LZ77 符号で圧縮して
からハフマン符号による圧縮を行なうという 2 段階の圧縮方法で高い圧縮率を
実現しています。

全てのファイルは 0 〜 255(16 進表記 00 〜 FF) までの 1 バイト(8 ビット)
の固定ビット長の 256 通りのデータの全てあるいは一部で構成されています。
ハフマン符号の考え方は、出現頻度の大きいデータは、例えば 2 ビット等の
少ないビット数で表現し、逆に出現頻度の小さいデータは、12 ビット等の多い
ビット数で表現するというオペレーションをして最終的にデータの圧縮を行なう
というものです。この様な可変長のビット列がハフマン符号です。

Huffman Generator でファイルを開けば、そのファイルにどの様なデータがどの
様に分布しているかが頻度グラフで一目瞭然となります。

【 頻度グラフ 】
フォームの上半分に、データ順あるいは頻度順で頻度グラフを表示します。
X 軸がデータ値あるいはインデックス値、Y 軸が頻度数です。


【 情報表示 】
フォームの右下の情報表示欄に、ハフマン分布あるいはハフマン配列を表示します。
ハフマン配列とはハフマン分布のハフマン符号とビット長を配列形式で表現したもの
です。ハフマン分布のノードのメンバ(データ)は以下の様になっています。

Index : ノードのインデックス番号
Data : データ値(0 〜 255、16 進表記 00 〜 FF)
Frequency : 頻度数
BitLength : 該当符号のビット長(1 〜 16)
BitPattern : 該当符号を BitLength ビットで表示(2 進表記 = 10 進表記 で表現)
Parent : 親ノードのインデックス番号
Left : 左の子ノードのインデックス番号
Right : 右の子ノードのインデックス番号

※ハフマン符号は、ハフマン木というアルゴリズムを使用して作成しますが、この
木構造(Tree)は、節点(Node)同士を枝(Branch)で結ぶというデータ構造になって
います。各節点(Node)にデータが格納されます。

動作環境

ハフマン符号作成プログラム Huffman Generatorの対応動作環境
ソフト名:ハフマン符号作成プログラム Huffman Generator
動作OS:Windows 10/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 槻 誠三 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

符号  ハフマン 


「アーカイブユーティリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. IZArc ユニークで便利な機能を数多く備えた、使いやすいアーカイブソフト(ユーザー評価:0)
  2. LhaForge 多彩な形式をサポートする圧縮解凍ソフト(ユーザー評価:4.5)
  3. パスワード付き圧縮 (zip形式) フォルダー の作成 Windows 8,7,Vistaでは標準の機能で作成出来なくなってしまった、パスワードで保護されたZIPファイルを作成(ユーザー評価:4.5)
  4. Explzh for Windows 大容量ファイル、AES暗号化、Unicode、Windows10 に対応した圧縮解凍ソフト(ユーザー評価:4.5)
  5. 書庫一括操作ユーティリティ Zip、Brotli、Zstandard形式などへの一括圧縮、一括解凍、圧縮形式別の圧縮効率の比較ができる(ユーザー評価:0)

「アーカイブユーティリティ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック