Rufus

さまざまなOSのディスクイメージから、起動可能なUSBメモリを作成できる


ソフト詳細説明

さまざまなOSのISOイメージ(ディスクイメージ)をもとに、起動可能(ブータブル)なUSBメモリを作成できるソフト。Windowsをはじめ、MS-DOS、FreeDOSなどのブータブルUSBメモリを作成できます。OSがインストールされていないシステムを使うときや、BIOSを更新する際に便利です。

作成するUSBドライブの、

・パーティションスタイル(MBR/GPTなど)
・起動モード(UEFIなど)
・ファイルシステム(FAT/FAT32/NTFS/UDF/exFAT)
・ボリュームラベル

を設定することも可能です。破損したブロックを検索するオプションなども用意されています。

【使い方】

(1)USBメモリをパソコンに接続します。USBに保存されているデータは消去されますので注意してください。
(2)「Rufus」を起動し、「デバイス」セクションのプルダウンメニューから、ブートUSBとして使用するデバイスを選択します。
(3)右下の光ドライブアイコンをクリックして、イメージファイルを選択します。
(4)「パーティション構成とターゲットシステムの種類」セクションで、USBのパーティションスタイルと起動モードを選択します。
(5)必要に応じて「新しいボリュームのラベル」セクションに、ブートUSBのボリュームラベルを入力します。
(6)必要に応じてオプションを設定し、「スタート」ボタンをクリックします。

動作環境

Rufusの対応動作環境
ソフト名:Rufus
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:GPL
作者: Pete Batard 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  USB  ディスクイメージ  OS  メモリ 


「ディスク用」カテゴリーの人気ランキング

  1. ファイナルハードディスク/SSD入れ替え(V16) ハードディスクやSSDを丸ごとコピーしてドライブ作成(ユーザー評価:2.5)
  2. SSDLife Free SSDの寿命予測・健康診断・使用状況・S.M.A.R.T.を簡単に確認できるSSD用ユーティリティ(ユーザー評価:2.5)
  3. EaseUS Partition Master 無料版 Windows上でパーティション管理やドライブのコピーを作成する(ユーザー評価:0)
  4. SSDブースター Ver.2 知らない間にファイルが壊れる不安を解消、SSDを常にベストコンディションにする(ユーザー評価:0)
  5. Undelete 11 Professional “ごみ箱”に入らず消失してしまう あらゆるファイルを保護・復元(ユーザー評価:0)

「ディスク用」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック