Ultracopier Free

ファイル/フォルダのコピー・移動をウィンドウから手軽に実行できる


ソフト詳細説明

ウィンドウにファイル/フォルダをドラッグ&ドロップするだけで、コピーや移動ができるソフト。ファイル/フォルダをドラッグ&ドロップしたとき、自動的に処理を開始させることも可能です。

複数のファイルをコピーしているときに「一時停止」し、あらためてコピーを再開することもできます。コピーの速度表示機能やコピー速度を制限する機能も用意されています。

ファイルの衝突管理機能を備え、同名ファイルがコピー先や移動先に存在する場合、ファイルの上書きをスキップしたり、コピー・移動をキャンセルしたり、ファイル名の変更を行ったりすることが可能です。

エラーマネジメント機能として、コピー・移動がブロックされたときに、処理をキャンセルしたり、一部のファイルをスキップしたり、エラーを起こしたファイルをリストの最後に置いて再試行したりもできます。

【使い方】

(1)起動するとタスクトレイに常駐。フロッピーディスクに似た常駐アイコンが表示されます。
(2)常駐アイコンを右クリックし、「Add copy/moving」を実行します。
(3)「Copy」や「Move」を実行し、コピー・移動したいファイルをウィンドウにドラッグ&ドロップします。
(4)「Select destination directory」で、コピー・移動先フォルダを選択すると、ファイルが瞬時にコピー・移動します。

動作環境

Ultracopier Freeの対応動作環境
ソフト名:Ultracopier Free
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC
種類:GPL
作者: Brule Herman 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ウィンドウ  フォルダ 


「ファイル管理」カテゴリーの人気ランキング

  1. FastCopy Windows系最速(?)のファイルコピー&削除ツール(ユーザー評価:4)
  2. pathway ファイルのパスをクリップボードに送る(ちょっと便利な機能付き)(ユーザー評価:4.5)
  3. fkopii フォルダ間を比較して差分のコピー、削除を行う(ユーザー評価:0)
  4. FolderDiff フォルダの比較ツール(ユーザー評価:4.5)
  5. dINDEX.3 ファイルインデックス管理ユーティリティ(ユーザー評価:4.5)

「ファイル管理」カテゴリのソフトレビュー

  • あれ?どこだっけマルチサーチ - 大事なファイルが見つからない、そんな時に!名前は忘れたけど、中身の分かっているファイルを探します
  • AnyTrans 8 - iPhone、iPadとパソコンの間で、音楽や画像等のデータを簡単に転送&バックアップ
  • FileRenamerSpecific 1.1.1 - ファイルの持つ“記号番号”を活かしながら、説明などを加えて名前を変更する、ユニークなリネームソフト
  • dINDEX.2 2.13.00 - 実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
  • AppSitter 1.0.0.20180709 - iOSデバイスのアプリの管理やホーム画面アイコンの整理をパソコンを使って快適に行える

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック