MouseImp PRO

マウスの操作性を向上させる、便利なユーティリティ


ソフト詳細説明

Googleマップで地図をスクロールするときのように、ウィンドウ内の好きな場所でドラッグし、画面をスクロールできるスクロール支援ソフト。いわゆる「つかんでドラッグスクロール」が可能になり、斬新なスクロール感が味わえます。

ドラッグスクロール操作は、あらかじめ三つのドラッグ操作からひとつを選択しておきます。選択可能なドラッグ操作は、マウスの左ボタンを押しながらドラッグする「左ドラッグ」、ホイール(中)ボタンを押しながらドラッグする「中ドラッグ」、右ボタンを押しながらドラッグする「右ドラッグ」です。

起動するとタスクトレイに常駐します。この状態で、アクティブなウィンドウでマウスを右ドラッグすると、ウィンドウが滑らかにスクロールします。

動作を細かく制御するには、タスクトレイの常駐アイコンを右クリックして「Configure」を選択します。「DirectScroll」タブの「Activate」セクションでは、スクロール動作のトリガーとなるマウスボタンを「右」「左」「中」から選択して指定します。デフォルトでは「Right mouse button(右)」が選択されています。

「Control」で、スクロールモードを「Classic control」から「Toggle mode」に変えると、「Activate」セクションで指定したマウスボタンを押すと、マウスを動かすだけでスクロールできます(ドラッグ不要)。

そのほか、スクロール速度を調整したり、特定のボタンやキーを押している間だけ、スクロール速度を下げたり、スクロールを無効にしたりすることも可能。スクロール方向を逆にしたり、水平方向のスクロールを可能にしたりもできます。

アクティブでないウインドウを、自動的にタイトルバーのみの表示にする「AutoShrink」機能もあります。設定するには、「AutoShrink」タブに切り替え、画面下部の「Add」ボタンをクリックします。「AutoShrink window pattern」ウィンドウが表示されたら、「Application」「Window class」「Window title」セクションの「Any」をチェックし、「OK」をクリックします。指定したアプリケーションに対してのみ、「AutoShrink」機能を反映させることも可能です。

動作環境

MouseImp PROの対応動作環境
ソフト名:MouseImp PRO
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: MouseImp Open Source Project 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

マウス  ユーティリティ  向上 


「マウス用」カテゴリーの人気ランキング

  1. おーとくりっか〜 座標を記憶できる自動クリックソフト 各クリック間隔の調整が可能 設定保存に対応(ユーザー評価:2.5)
  2. マウスチャタリングキャンセラ マウスボタンのチャタリングを抑止する(ユーザー評価:4.5)
  3. AutoClickPositions(自動クリックツール) 画面の任意位置を自動でクリック(ユーザー評価:3.5)
  4. X Wheel NT マウスのホイール及び全てのボタン(含む4つ目以降)にプログラム毎に異なったキーを割り当て(ユーザー評価:4.5)
  5. MouseGestureL.ahk あらゆるアプリケーションをマウスジェスチャーで操作(ユーザー評価:3.5)

「操作関係」カテゴリのソフトレビュー

  • ホームポジションキーパー 1.2 - ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
  • 俺のキーボード 0.6 - 「【BackSpace】+【Delete】で一行消し」などを行える“俺=作者”仕様のキーボード機能拡張ソフト
  • Orakuin 1.0 - 「入力したキー」や「クリックしたマウスボタンは何か」などがひと目でわかる、操作内容の視覚化ソフト
  • テンキー入力(フリック/トグル) 1.02 - パソコン用キーボードのテンキーとカーソルキーで、携帯端末のフリック入力・トグル入力を再現
  • QiPress Lite 1.069 - ユーザが行ったキー入力、マウス操作の内容をコンパクトなウィンドウに表示

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック