takeoff

検索補助(テキストファイル行絞込)


ソフト詳細説明

■機能
テキストファイルから探したい文字が含まれる行を絞り込んで表示するという単純なソフトウェアです。それゆえに、1つのファイルを読み込んでの作業しかできません。
takeoffは表計算やデーターベースソフトウェアより大幅に機能が少なく(よう作りません)、なおかつ高速絞り込みし、電子辞書のような入力しているそばから絞り込んでいくようなものを目指して製作しています。使い勝手もあまり複雑でないよう、ドラッグドロップでファイルを読み込ませたり、キーボード でほとんど操作できるようにしたりと極力マウスでの複雑操作も除きました。
-----
■できないこと
複数のファイルを読み込んで絞り込むこと、ワイルドカードや曖昧検索、他のソフトウェアで当たり前にできること。
-----
■対応OS
Windows XP , Vista , 7 , (8) , 10
※8または8.1は検証用OSが無いため未確認です(従来のVerでは作動)
※NT4.0 , 2000 Pro でも作動しますがサポートが継続しているOSをお勧めします
最新の動作検証情報は下記のページをご覧ください。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA055892/
-----
■64bitOSについて
takeoffは32bitソフトウェアですが、64bit OS(Windows 7または10)ではWOW64により64bit環境で作動します。Windows 10ではデスクトップでご使用ください。
-----
■起動時読込設定
takeoff.iniに以下を設定可能
・キーワード検索用IMEの初期状態
・検索表示リミッター
・画面の最前面化
・検索条件
・起動と同時に読み込むテキストファイル
・検索結果のフォントサイズ(v1.00追加)
・自動再読込(v1.00追加)
-----
■ソフトウェアの仕様(推奨)
読込ファイル:1K 〜 10M バイト
対応文字コード:ShiftJISのみ
検索表示限界:1 〜 1 万件
1行最大:1 〜 200 文字
*読込ファイル推奨は快適に動作する目安で、100Mバイトでも読み込めますが動作が遅くなります。また、検索表示限界(検索表示リミッター)を大きくすれば検索結果を表示するまでの時間が増加します。
*ソフトウェア上で制限をかけていないためカウンタ等が32bit 値の整数範囲を超えた場合誤動作する可能性があります。検索表示限界についてはtakeoff.ini に設定を入れることにより任意に変更できます。
-----
@商用利用可(添付のREADME.TXTをご覧ください)

動作環境

takeoffの対応動作環境
ソフト名:takeoff
動作OS:Windows 10/7/Vista/XP/2000/NT
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: wnc develop 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

検索  テキストファイル 


「検索」カテゴリーの人気ランキング

  1. butterfly search(バタフライ サーチ) インデックス型テキストファイル用全文検索ツール(ユーザー評価:4.5)
  2. TresGrep 高速・インクリメンタルサーチ対応、[ファイル][マッチ箇所]2タブ構成のファイル・テキスト検索ツール(ユーザー評価:0)
  3. isGrep インクリメンタルサーチによるテキストファイル全文検索(ユーザー評価:0)
  4. 検索君 テキストファイル文字列検索、ファイル名検索 指定の文字列が含まれる文書ファイル、ファイル名からファイルを検索する(ユーザー評価:0)
  5. WideGrep Express MS-Word,Excel,PowerPoint,VISIO,PDF,一太郎,Windows Liveメール等の複数ファイルを一括全文検索する(ユーザー評価:4.5)

「テキストファイル用」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック